久しぶりの爽快感。

運動っていいですね。片道約70kmの道程を帰りは爽快感で溢れていた。練習場所のスケートリンクが横に建物が二棟並んで建つ。初めて観たリンクが同じ場所に二棟。スケールが違う苫小牧。私の子供時代には勿論無かった。20代から各年代毎のスクール参加者。リンクは鏡のように管理が行き届いている。45年ぶりにアイスホッケーの聖地に戻って来た。ちょっと感動した私なのだ。参加者の面々は東京であれば社会人リーグに属するレベル。ちょっと正直驚きました。コーチの指導で基礎練習を行う。多分皆さんどこかのチームに属しているのに、好きで基礎プレーを練習しているのでしょう。だって参加者の防具が年季が入っていた。人生最後の防具だと用意した私だけ素人スタイル。こめかみの吹き出物は小さくなり、ヘッドギアを装着出来るレベルになって一安心。60代は見回しても皆無。でもリンクに上がれば歳は関係無い。


90分の練習後半は身体の反応が変化してきた。身体の各パーツが思い出したのか。リンクにカメラは持ち込めないので終了後に着替え室でシャッターを押す。久しぶりに全身汗まみれ。還暦だ爺だなんて忘れていた。完全に気持ちは中学生。今更アイスホッケーは危険だと仲間に言われたが、大好きなアイスホッケーは私の生き甲斐なのかもしれない。大好きなランドローバーに防具を積み、大好きなアイスホッケーが出来る。こんな生活が永遠と続くように健康に注意しよう。現実は61歳なのですから。あ〜楽しかった。次の練習日が持ち通しい。

038号まだ届かない方は連絡ください。再発送します。

今回の号はまだ届かない連絡が多い。最近は届かない連絡が無かったのに。大変ご迷惑お掛けしました。まだ届かない方は連絡ください。再発送致します。郵便局の回収時に嫌な予感はした。毎号回収人が違う。何人の局員が居るのかと思うくらい多い。今回は要領が悪くゆうパック料金がいつもと違う料金設定。細かな事は言いたくないので言わなかった。ゆうメール数が私の数えた冊数と違う。嫌な予感がした。こんな時は何かが起こるのだ。毎号ラベルシールを貼り、封筒に最新号を入れ気持ちを込めて送り出す。こんな手作業が私は好きなのだ。さてアイスホッケー再開に当たって重要な準備がある。それはコンタクトレンズの用意。今時は眼鏡は掛けません。レンズが曇って見えないからです。久しぶりに眼科にコンタクトレンズの処方に行って来た。


何件か有る眼科から勘で選んである眼科に。扉を開けると席は満席。50人は居る。驚きの数で有る。個人病院ですよ。定期的に総合病院の眼科に通っているので眼科の状況は把握している。看護婦さんが10名位。受付が2名。検眼席が5個。とんでもない規模なのだ。そして最新鋭の機器が揃っている。10年振りのコンタクトレンズは身体が覚えているのか、出し入れは一発で問題無し。ただ目はどんどん悪くなっている。月に2〜3回の利用で見えれば問題無しと伝える。眼鏡好きなので日々の生活でコンタクトレンズは使わない。これで準備は整った。たかがアイスホッケー教室に行くのに一般滑走2回。眼科に行きコンタクトレンズを用意。約2時間掛けてリンクに行く。この非日常が私が望む姿なのだ。妻に伝えたらダイエットね。ただ年齢を考えなさいよ。的を得た言葉であった。

日本を走ろう!!北海道編4月29日日曜日〜5月2日水曜日開催。

日本を走ろう!!北海道編4月29日日曜日〜5月2日水曜日開催。038号で告知記事で開催をお伝えした。33ページの地図上での曜日の表記に間違いが有るのでお伝えする。4/29土は4/29日の間違い。なので4/30日は4/30月となる。スケジュールは4/29日〜5/2水。日時に間違いは無いが曜日が間違っていた。訂正致します。


これが訂正後の正しい記事。ブログ読者の方も参加自由なので検討頂きたい。今回のポイントはランドローバー専用テスターで無料診断。イマイチ調子が悪いと悩まれている方は診断をお勧めする。簡易テスターではなかなか解らない症状もあるはず。診断後は各自の主治医のもとで整備頂きたい。今回は130で北海道を走る。各ポイントで集合写真撮影とテスター診断。余裕を持って診断を望むなら、苫小牧アルテンキャンプ場5月1日夕方か2日午前がお勧め。各自スケジュール調整お願い致します。日本を走る北海道編の情報は、適時ブログに書きますのでチェックお願いします。

今の自分を知る。こりゃダメだ。

久しぶりにスケートを滑った。室蘭にリンクが有り今月末で営業は終了。よくよく考えると一般滑走は記憶に無い。練習でリンクに入るので一般滑走は50年ぶりか。子供達が数人位。フィギュアブームなのか小さな女の子が練習していた。氷はガタガタ。こんな氷で滑るのか。これが地方リンクの現状か。要は製氷管理が無い。定期的に表面を平らにしないとガタガタ状態なのだ。表面がガタガタだとちゃんと滑れない。能書きはどうでもいい。新品のスケート靴。経験上慣れるまで苦労するのだ。リンクに降り立つ。滑り出す。あれ何だコレは。身体がイメージと違う。素人の滑りなのだ。足の動きが違う。頭で考えていた動きと身体の動きが違うのだ。10年以上リンクから離れていた現実を知る。


ゆっくりと滑る。身体が思い出すまで何周も滑る。足が痛い。おじさんに手袋を付けてくださいと声を掛けられる。リンクを出る。ベンチに座る。約20分滑ったようだ。十分今の自分を理解した。今日はもういい。練習日は31日。2回滑りにこよう。完全にアイスホッケーモードになった。必ずイメージ通りの滑りを取り戻すぞ。何ヶ月いや何年掛かるのか。61歳なんて関係無い。自分との戦いが始まった。なんてカッコイイ話では有りません。ただイメージ通り滑りたい。ただそれだけです。でもそれが大変なんですが。

生きたいように生きます。

数日前からこめかみ辺りにデキモノが。日々腫れてきた。ちょっと痛い。まっ治るな。しかしメガネから違和感が伝わる。どんどん腫れてきた。これはマズイ。病院に行くことにした。以前行った皮膚科である。診断結果は皮膚からの細菌混入である。切り傷は無い。皮膚からである。軟膏と飲み薬を処方してくれた。皆さん気を付けましょう。こんな事が起きるのです。原稿書きで一週間風呂に入らなかったな。こうみえて私は綺麗好き。毎日の朝風呂が大好きだった。しかし環境が変わり最近は朝風呂に入れない。朝風呂に入れる環境整備だと改めて感じております。さて東京でアイスホッケースクールに入会しようと考えていたら、状況が変わり伊達滞在時間が大幅に増えることに。伊達はスケートの町では無いし、室蘭のスケートリンクは3月末でシーズン終了。一年間通して練習がしたい私。あれこれ探してついに情報入手。苫小牧でアイスホッケー教室が見つかりました。


大人のアイスホッケー教室。いい響きだ。教室です。60歳を過ぎての手習いです。当初は何処かのチームに入部しようかと考えてました。しかし改めて基礎練習に取り組もう。正直に言うと歩くよりスケートが得意。60代70代をアイスホッケーに捧げよう。ランドローバー以外の趣味を持とうと決めました。教室は年間通して月に2〜3回の練習。東京滞在時は諦めます。でもすぐに戻りますが。本来は今年度4月からスタート。しかし今月31日に練習が有ると聞き、無理言って練習参加を希望しました。そんな関係で皮膚科に飛び込み慌てて治療。多分教室では私が最年長。でも頑張りますよ。


グローブを付けスティックを握りイメージトレーニング。夢は60歳代北海道代表メンバー入り。まだ9年間有るので時間はあります。70歳代のチームもあるのです実は。オールドタイマーリーグと言って、50歳60歳70歳と区分されています。全国組織で大会も数多い。腰が痛い血圧が高いなんて言ってられません。強靭な体力を目指して頑張る所存です。人間はバランスです。アイスホッケーで体を絞りランドローバーを考える。いい結果を期待しております。