ベストな氷に感謝しよう。

半年ぶりに苫小牧で大人のためのアイスホッケースクールに参加した。場所は新ときわスケートリンク。新旧スケートリンクが並ぶ苫小牧アイスホッケーの聖地である。そして私が感動するのは氷の素晴らしさ。荒れたリンクは危険なのだ。施設が古いと設備も古い場合が有る。施設が古くても設備を新しく変えた場合も有る。いずれにしても氷の状態は気になるのだ。同じリンクばかり使っていると他と比較出来無い。私は暫く東伏見のリンクで練習した。東伏見はほぼ24時間営業し、夜から朝まで学生や社会人が使っている。学生の寮もリンクの近くに数多く有るのだ。リンクの設備の耐久年数の問題か、日本のアイスホッケーの聖地の氷は最悪な状態。氷が固く締まって無い。溶けやすく穴が多い。そうなると選手のスケートエッヂは引っ掛かる。私のように基礎体力が欠けているオヤジは転ぶ回数が増えるのだ。しかし設備の入れ替え行うと数ヶ月の営業停止となる。その間各チームはどこで練習をするのか。なんて事を氷を見ながら考えてしまうのだ。


このブルーの丸はスケートリンクの中央である。アイスホッケーはface offでゲームがスタート。アイスホッケーにとってface offは大切な儀式なのだ。週に一回はアイスホッケーがしたいと色々調べるが難しい。東京の大人のアイスホッケー教室は毎週有るが、苫小牧は各チームは試合を練習と考えるので、学生以外は練習をしないのが常識。私が望む練習メインのチームを探すのはなかなか困難なのだ。従って今の苫小牧市が開催しているスクール参加しか術は無い。月に多くて二回がルーチンとして守られている。残りの人生をアイスホッケー漬けにしたいと考える私は、今懸命に道内の練習メインのチームを探している状況だ。遠くても札幌まで通う覚悟だ。本当に困ったオヤジだと私自身が思う。でも生き甲斐なのだから仕方が無い。

貴方もアイスホッケーをやってみませんか。

趣味のアイスホッケーを楽しみたい。そんな理由でアイスホッケーに関する話題でブログをスタートします。日本では超マイナースポーツ。私は観戦するより自分が楽しみたいと考えるタイプ。現在62歳。普通は還暦過ぎたオヤジであればアイスホッケーは避けて、トレッキングとか自転車とかゴルフとか危険を回避したスポーツに移行。しかし考えた結果として好きなスポーツに改めてチャレンジ。本格的にアイスホッケーに取り組んでいたのは苫小牧時代の中学時代まで。いざ始めようと考え色々と調べたが、基本を学べる環境が少ない。そして通える場所も問題となる。各地にアイスホッケークラブは存在するが、なかなか飛び込みで入部の申し込みは出来ない。東京と北海道を行き来する身なので、アイスホッケーが盛んな苫小牧で探した。苫小牧市が主催しているアイスホッケー教室を知る。年間を通して月に2回程度の開催。東京はTHIRTEEN LEAVESスクールに入部。毎週練習を開催。基礎から学ぶアイスホッケー三昧が約45年ぶりに始まったのだ。


当初は苫小牧の開催日に通ったが片道クルマで2時間。なかなか厳しい距離なのだ。しかし楽しい。だが久振りのアイスホッケーで転んで尾てい骨を強打。情けないと落ち込む日々。だが月に2回の練習では物足りない。隔月で東京と北海道を行き来しているので、タイミングが合わず練習に参加出来ない日も。そんな理由で東京でのスクール参加が増える。数ヶ月は東京の参加がメイン。しかし年老いた母親が気になる。結果として北海道の滞在時間を増やそうと決める。そんなアイスホッケー環境なのだ。本格的にスタートしてまだ一年。アイスホッケー出来無い体になったら自動車免許は返納と決めている。アイスホッケーが出来ない体でクルマの運転は危険と考える。目標は79歳。70歳代はアイスホッケーを続ける。そんなオヤジのアイスホッケー三昧の日々を、気が向いたら書こうと考えてます。貴方もアイスホッケーを始めませんか。楽しいですよ。東京のスクールでは毎月初めてのアイスホッケーの方々が数名入部してますよ。怪我が怖くてはアイスホッケーは出来ません。怪我をするためにアイスホッケーをしてません。でも超マイナースポーツのアイスホッケーは面白いですよ。