着替えに使える足元マットにいかがですか。

リンクで着替える時は、更衣室かリンクの周りのベンチで行う。いずれにしても床は濡れている事が多い。私はヘルメット袋を足元に敷いて着替える。ヘルメット袋だとなと思いながら続けている始末。アイスホッケー用の敷きマットは有るのだろう。まっ役目を果たせば何でもいいのだが。

たまたまクライミング用のマットと出会う。クライマーは外で着替えたりする。足元は土なので足が汚れる。クライミング業界では皆さんが使うマット。大きさはA3位かな。このブラドは1200円。これは使えますよ着替時に。濡れた床は嫌だし。そして床は冷たいし。ちょっとしたプチネタでした。業界は違いますが使えるモノは有りますね。

爪が弱くなっている方にお勧めします。

書き始めると書きたくなる。毎日書け無いのでご理解ください。年齢のせいか最近爪が欠ける。まっ経年劣化か。スケート靴の紐は緩むと気になる。紐はロウ付きに変更している。となると余計に紐は硬い。最近知ったこの道具。正式名称は解らない。

硬い紐を引っ張るのは大変。しかしこの道具を使うと爪のダメージも避けられる。そして紐が締まるのだ。これは便利グッズです。アイスホッケー専門店であれば売っているか。一個持っていても何も問題無い。安いので買うべきですよ。

サスペンダーの効用とは。

最近のパンツはベルトで締めるタイプが多い。私もベルトで締めたが違和感が。締めてもプレー中に緩む。緩むと余計に締める。そうすると腹回りの窮屈感が伴う。これはストレスになるのだ。パンツには昔ながらのフックが健在。ならばサスペンダーを付けるかと考えた。

サスペンダーを付けるとベルトは緩めで問題無し。腹回りもストレス解消。ただサスペンダーをショルダーに上に付けるか、サスペンダーの上にショルダーを付けるか。実は悩みどころなのだ。サスペンダーを下に付けるとショルダーの横が膨らみ違和感が出る。ショルダーの上にサスペンダーを付けるとサスペンダーが首の横に触れる。ショルダー上部にサスペンダーが収まる場所が有れば問題ないのだが。ストレス解消の防具選択は色々と悩みどころが多い。まっストレス無く大好きなアイスホッケーをプレーするには工夫が必要なのだ。私はCCM愛好者。特にスーパータックス大好き人間。スーパータックスのショルダーだとサスペンダーが首に触れる。悩みます。

自分にフィットした防具選び。

防具選びは難しい。使ってみなければ自分に合っているかどうか解らない。私も色々と試行錯誤して辿り着いた防具が数多い。特にヘルメット選びには苦労した。CCMファンの私としては極力CCM用品で揃えたい。そんな理由でCCMのヘルメットを使用していたがコメカミが痛い。何度も練習中にヘルメットの左右を広げたことか。手で広げるレベルでは簡単には変わらない。

そして仕方なく辿り着いたのがBAUERのヘルメット。BAUERヘルメットでも色々な形は有るのでしょう。日本人の頭と北米の方の頭では明らかに違います。我々日本人は日本ブランドが無いのだから合わせるしか術は無い。でもBAUERヘルメットで痛みから解放されたのは事実。でもCCM愛好者としては、CCMのヘルメットでプレーをしたい。そんなお話でした。CCM&BAUER正規輸入会社は、体験用防具を用意して欲しい。勿論、購入する前提での話は理解しますよ。でも使わないと解りません我々素人は。

 

 

なかなか自分のスタイルに合う練習が無いな。

数年前にちょっと大きめなスケート靴を買ってしまった。新品時はスケート靴が硬いのが理由なのだ。馴染んできた時のイメージが無かった。これは最大の失敗。最近やっと馴染んできたがまだ硬い。微妙なサイズ合わせなので苦労します。なかなか自分の思い通りの練習に参加出来ない。月に数回なので汗を沢山放出したい。しかし今の練習では多少の汗。雰囲気は好きなのだが。今更どこかのチームに属するのは面倒だし。ビジターばかりの参加も難しいし。悩みどころなのだ。

探し続けたグリップエンドのゴムを手に入れた。これが私には必要だった。握りがいいのだ。そしてフィーリングが最高のスティックとの出会い。CCMのスーパータックスは私に合っている。道具に拘る訳では無いが気持ち良くプレーをしたい。そんなに長く無い大好きなアイスホッケー。納得して終わりたい。果たして何歳までプレーを続けられるのか。全く想像がつか無い。アイスホッケーのために日々歩いて足腰は鍛えております。