クルマの汚れが気になるが・・・。

伊達に滞在している期間に洗車を3回行った。理由は汚れるから。走ると汚れる。几帳面で無い私が気になってしまう。ましてガレージ保管では無い。東京で外に置いてもこんなに汚れ無い。あれこれ考えると都会で無い田舎は土が多い。舗装してない道路も多い。走ると汚れ駐車すると汚れるのだ。私の結論としては他の地域は解らないが、伊達で高級車を所有しても汚れるので無駄と感じた。伊達仕様は汚れがカッコイイと思えるクルマを所有することだな。錆びだらけのクルマが多い理由が解ってきた。


洗車して伊達から苫小牧まで走りこの汚れ。写真だと解らないが相当汚れている。汚れは余り気にしない私が気になる。困った問題なのだ。洗車しないで乗ればと言われそうだが、汚れで窓の視界が悪くなる。サイドミラーが汚れで見えない。海が近いので潮風も襲う。東京は汚い空気と思われがちだが実はそんなに汚れてないと考えてしまう。汚れより大変な問題が発生。妻がインフルエンザになってしまった。高熱で病院に運び判明。ドキドキです家族は。誰も予防接種をしません伝統的に。インフルエンザに負けたことが無いのです我が家はいままで。緊張感のある生活が続きます。インフルエンザとの戦いが始まってしまった。

苫小牧から大洗フェリーも遠いな。

北海道から本州にフェリーでクルマを運ぶ便は幾つか有る。苫小牧から仙台か大洗。名古屋行きも有る。日本海を使えば新潟便も有る。他にもルートは有る。有って欲しい東京・横浜便が無い。理由は多分利用者が少ないのだろう。飛行機で飛べは楽だし安い。新幹線は高額で時間もかかるので利用者が少ないと聞く。利用者は観光客が多いのか。昔から存在している函館から青森便。観光客は使うのだろうが冬は敬遠される。東北道の雪道は避けたいのが本音だ。雪を観て喜ぶのは雪が降らない地域の住民。雪は無いほうが生活しやすいのだ。さて苫小牧から大洗フェリーの夕方便が長期間欠航している。理由は利用船の修理だとか。深夜便しか運行していない。使っている船が昭和の匂いがする。使うメイン客はトラックドライバー。


いい場所に停車した。理由は階段出入り口の横。クルマには雪が氷付いている。伊達滞在期間中は溶けない。毎日氷点下なので溶けないのだ。大洗に着きクルマに戻ると雪が全て消えていた。暖かい。エアサスもスムーズに上がる。いや北海道が寒いのだ。国立までの道中は雨や雪やら。高速道路はサーキットコースかと思う走りなのだ。なんでそんな運転をするのか。雪が積もる前にと焦っているのか。北海道に来なさい。冬は全てのクルマが法定速度以下で走ります。北海道では毎日のように滑って事故が発生。自分の身は自分で守ります。自分の身を守るにはランドローバーは最適だと、常磐道を走りながら確信した私でありました。多摩地区の国立は先日の雪が残ってます。寒かったのだと想像できました。伊達も国立も雪景色とは日本は冷えてますね。

直し乗り続けていますね。

茨城県の野澤さんからメールが届いた。愛車の塗装をリフレッシュ。イメージ通りに仕上がったようだ。90V8ATも新車販売から約20年。整備をすれば乗り続けられます。エンジンだって一生使える頑強エンジン。消耗パーツを変えれば永遠に乗れますよ。ただ怖いのが錆び。錆びだけは発生する前に防ぎましょう。


なかなか個性溢れる仕様ですね。


敢えて荷室の窓を取ってます。渋いな。振り返って観てしまいますね。これも一つの手法だと私は考えます。もっともっと皆が個性を出せば、ランドローバーライフも面白くなりますよ。私は今フェリーの中でセイコーマートで仕入れた食材で飲んでます。24時過ぎたらアップして寝ます。出港したら電波は届かない。大洗19時30分到着。それからアップしたら遅すぎです。皆さん朝にブログをチェックしてますね。こんな私ですが一応気は使ってます。でもいい色ですね野澤さん。ナイスですよ。あっ24時過ぎたぞ。アップします。やっと寝れるぞ。

壮瞥町の温泉は名湯です。

先日の真狩村訪問の帰りに壮瞥町の日帰り温泉に入る。このお湯がすこぶる良かったのだ。優しいお湯で気持ちがいい。登別のさぎり湯に行きたいのだが伊達からは遠い。ちょっとお風呂にという距離では無い。伊達温泉だと私は物足りない。という事で伊達からクルマで15分の壮瞥町を目指す。壮瞥町は全国区の場所。知ってますか。あの北の湖の出身地なのです。なんであの小さな町から。なんて考えるほど壮瞥町は小さな町です。


この北の湖記念館の隣が目指す日帰り温泉。440円なり。道民は銭湯に行きません。温泉がこの金額ですから。ちょっと寒そうな大横綱北の湖なのであります。


壮瞥町まで来ると雪の量が増えます。伊達からクルマで15分なのに激変。伊達からというより自宅からが正しい。ここから洞爺湖の湖畔まではクルマで5分。でもコハムは反対側なので15分走ります。


名湯です。さぎり湯とはお湯質が全く違いますがいいお湯です。メジャーな温泉よりマイナーな温泉に穴場があります。近くに昭和新山があるので納得してしまいます。


源泉が熱すぎるので水5%入れているとか。田舎の人は正直者です。どこかのメジャーな温泉はビジネス化している。そんな温泉は数多くあります。ほぼ沸かしが多い。正しい温泉なのです壮瞥町は。ぬるめの浴槽で長時間浸かります。幸せだ〜。というお話でした。

使い続けるられるPCは無いのか。

私のPCはApple。長年使っているので旧タイプを超えてただ古いタイプ。そんなPCに危険な香りがするメールが届く。Appleからなのか解らなくなると印刷屋さんのデザイン担当者にヘルプ。なんでこんなに迷惑メールが届くのか。最近の迷惑メールは手が込んでいるので判別が難しい。そもそもPCの頭脳が古いので限界を感じる。画面が固着すると冷や汗が。無いと仕事にならないし。去年は限界かというレベルに達し窮地だった。


PCは家電だと頭で理解はしているが、壊れたら直すとはなかなか出来ない事もあるようだ。使い続けることを美徳と考えているが、使い続けられるPCは無いのか。難しい現実問題と直面している。使い続ける事に生き甲斐を感じてしまった今は、新品の物に興味が無くなってしまったのだ。そろそろ東京に戻りたいのだが関東の天気予報で雪なんて聞くと躊躇してしまう。寒い北海道から脱出し歩きたいのだ。疲れるほど歩きたい。