効果が有るから販売中!!

おはようございます。台風の被害を知れば知るほど心が痛みます。ちょっとしたタイミングで生死が分かれます。それが運命とは片付けられません。ランドローバーを運転していれば安全。そんな短絡的な問題では有りません。浸水した道路を走るのは時代的に絵にはなりません。災害に強いクルマとアピールするのは個人的には好きでは無い。英国車は英国好きに乗って欲しい。そんなスタンスで威風堂々と生きたいと考えます。さて不思議なモノを今日も紹介します。これは何でしょうか。


日本製で無くて外国モノなのが摩訶不思議。日本人じゃ無くても国籍問わず変なモノを考える人は居るのです。いやもしかして人間生理学的には正しいのかも。


指の血行が良くなるらしい。還暦過ぎた私は興味津々。左右の指を1本毎に転がして動かします。即効性が有るのか。やらないよりやったほうがいい。私は前向きな考え方なので効果有りと判断。興味が有ればネットで調べましょう。不親切なブログでスイマセン。

発想の転換で。

おはようございます。物事は四角四面に考えると頭が陳腐化する。柔軟に考えると何事も楽しいのだ。面白いカバンに出会ったので紹介する。


コレはバッグかカバンか。用途はなんだ。


開くとちょっと不思議な状態に。


コレが正式な状態なのだ。何に使うのか。簡易バケツか。足洗か。答えはクライミング用ロープの収納バッグ。でも別の活用方法があるな。こんなバッグに一般人は出会わない。人それぞれ活用方法は変わる。そこが面白いと私は考える。発想の転換で何でも使えるのだ。メーカーはロープ収納用として販売。収納用としても不思議だな。しかし世の中には変なモノが溢れているな。

モノ選びは現物を見ないと解らない。

おはようございます。昨日は大荒れの東京でありました。夜明けと共に起床しテレビの電源を入れてもテレビが映らない。台風の影響で配線が切れたか。と諦めて考えます。ふと考え光ケーブルの電源を確認すると切れてます。嫁は何でも就寝時に電源を切る。電源をONにすると無事にテレビが映ります。災害時のテレビは大切な情報源。色々と台風の影響が。被災された方々の無事を願います。天候が大きく変わる昨今。自分の身は自分で守る。そう考えなければいけないなと改めて考えさせられました。北海道の岡田くんに連絡し自宅に顔出しをお願い。年寄りはこんな時に不安になってしまいます。本当に頼りになる岡田くんなのであります。さて話は変わりリュック好きの私が現物を確認したかったリュックがあります。


NIGORのリュックです。テントで使う生地で製造。軽くて多少の雨なら問題無し。完全防水では無いのは理解しております。リュックは軽くて丈夫がポイントです。


このモデルはL&Mで販売。今回紹介するのはMサイズ。実際に持ってみると軽い。想像通りです。普段使いにはいいサイズだな。


何でもそうですが実際に荷物を入れて歩いてみなければ解りません。見た目の判断は大間違い。クルマだって試乗しなければ何も解りません。このリュック各部の作りは問題ないな。


安物は製法を見れば解ります。コレはきめ細かく仕上がっている。生地の触感はテントだ。重たいカメラ機材とPCを収納して長時間歩けるか。これは試さなければ解りません。結果として何事も購入後に答えが解る。難しい問題です。お試しでリュックが破損したら大変だ。でも山屋さんは大量の荷物を入れて使っているし。でも気になるリュックは私としては合格点とします。人と違うモノを使う事が生き甲斐な私。想像が膨らむリュックで有りました。

リサイクルグッズに興味津々。

おはようございます。台風直撃。皆さんランドローバーでパトロールはご法度。今回の台風は危険です。大人の対応をお願いしますね。さて一般的では有りませんがクライミングロープを見掛けたことがありますか。私はモノ好きなので20年以上使わないのに購入してクルマに積んでます。私とクライミングは間違いなく合体しません。でも本物感が有り私には魅力的なアイテムなのです。


コレがクライミングロープ。色がカラフル。クライミングでは命のロープなので大切なアイテムとなります。このロープの耐久年数は私には解りません。しかし使用頻度で買い替えが行われている。今世界中でモノは捨てずに使えるモノは使う。そんな流れになっています。NEWSEEDではユーズドクライミングロープを使って生みだされる、リサイクルグッズコレクションを展開しています。


各種アイテムが有ります。ユーズドロープは洗浄され安全面でも問題無し。クライミングロープなのでクライミングを意識したアイテムが多いのですが、考え方を変えれば使い道は色々と広がります。私はチョークバッグを小物入れとして、ディフェンダー車内に数個取り付けていました。


既存の考え方に囚われず発想の転換がこれからは求められます。広範囲で色々なモノを見る。そして本物とは何にかを知る。本物を見抜く目を鍛える。結果的に手元に残るのは自ら選んだ本物だけに。シンプルに生きるのも大変なのです。参考にしてください。

普段から長距離を歩いている人におススメします。

おはようございます。昨日はブログネタを仕入れに電車移動。田舎生活に浸っていると都会の老人が垢抜けて見えます。腰が曲がってない。洋服のセンスが良い。歩きが早い。そんな人間観察をしているのであります。でも電車内でスマホを触るのはいかがなものか。皆さんスマホ命状態。私はガラ軽だしリュック入れるので手元には本が有ります。さてモノ好きな私。新たな出会いが有りました。


このロゴを覚えておきましょう。ヨーロッパでは販売。トレッキングシューズの紹介です。来年位から日本で販売が始まるかもしれません。


この1種類のモデルしか販売していない。凄いですね。キラキラしているのはケプラー素材。各ブランドに納めている靴製造会社が独自ブランドを立ち上げた。要は拘りの一足なのです。トレッキングシューズなのにヨーロッパ方式の革靴製造で作られます。


内部の靴底には天然素材を使い革の下敷きを。靴の内側には足を包み込むソックスが縫いこまれています。説明が難しい。靴を半分に切れば説明できるのですが。まさか切れないし。靴に足を入れると今まで体感したことが無い心地よさ。この靴で山手線一周を歩きたい。そんな衝動に駆られます。


靴底はこんな感じ。でもこのモデルだけで勝負するとは凄い会社だわ。そのうちブーツタイプも出るらしいですが。でもハイ&ロウだけでしょうね。自信の表れなのでしょう。販売予想金額を訪ねましたが3万ぐらい。ヨーロッパでも同額です。このシューズは普段から長距離を歩く人しか理解は出来ない。ファッションで履くシューズでは有りません。歩くことが好きな人に履いて欲しいシューズ。いや靴なのです。それって私だな。興味津々な靴でありました。