ビブラムソールはカッコイイな。

クルマのタイヤは迷うことなくオフロードタイヤが好き。普段履きの靴底もビブラムソールが好き。そんな思考なので気になる靴を見掛けると見入ってしまいます。英国好きなら知っているハンターブーツ。そのハンターブーツをビブラムソールに変更した津山くん。実にカッコイイ長靴に変身したのだ。


ソールを変更した靴とは思えない出来栄え。まるで標準仕様。これは参考になる。最近履いてないハンターブーツ。私もソールを変更したいと思った。ちょっと手を加えることで使い勝手が良くなる。津山くんのアイディアに負けました。私も真似ねようか思案中。見事な出来栄えである。ビブラムソールはカッコイイな。

ランドローバー的キャンプとは。

デイリーでお馴染みの新田さんがBQ検定試験に挑んだ。結果は聞いていないが大丈夫だろう。新田さんと言えば肉なのだ。それもちょっと変わった肉。過去に色々な肉をご馳走になった。拒否した肉も有った。肉は見た目も重要なのだ。私は未だに手羽先は拒否。骨付き鶏肉も拒否。でも骨付きラム肉は大好き。要は子供時代の思い出で食べれない肉が決まってしまったのだ。子供時代の記憶は残ります。世の親は子育てには細心のご注意願います。


BQコンロで焼き鳥を焼いていた新田さん。


豚肉を調理していた新田さん。間違いなく新田さんは肉の人なのです。一口も食べずに帰ってしまいました。ゴメンなさい。私は魚の人なのでキャンプで魚料理か。しかしこの猛暑では無理なので寒くなるまで我慢我慢。しかしランドローバー的ですねテーブルクロス。一枚のテーブルクロスがキャンプを変えます。ランドローバーのキャンプにはテーブルクロスが必需品です。

ディスカバリー4は究極のファミリーカー。

台風が近付いている。9日朝一番に中部方面に移動する。果たして新幹線は動くのか。クルマが無いので移動は公共交通機関。こんな時は困ります。クルマが有れば8日深夜に出れば問題無いのに。今は祈るしか術は有りません。9日早朝に電車が動きますように。さて先日はディスカバリー4の仕様を細かく確認。改めて究極のファミリーカーだと認識致しました。取材者は小城さん。2015年モデルですからディスカバリー4最終モデル。中古車を購入しましたが低走行モデルだと500〜600万円が現在の相場でしょうか。


最大の特徴は2列目と3列目シートを倒すとフラットになる。これは使い勝手がいい。ディスカバリー3からこの仕様になりました。


荷室としてはディフェンダー110より容量があるのでは。そして乗車している人に安心感を与える。運転する人は好きで乗っているのですから文句は言いません。乗り心地が良くても悪くても運転出来れば大満足なのですから。家族の意見を聞くべきです。


個人的な意見ですがディスカバリー3からディスカバリー4で大幅なレベルアップが。要は4はレンジローバーの乗り味なのです。感覚的にはサードレンジローバー後期モデル。私はディスカバリー3もサードレンジローバー後期モデルを所有した。現実的には目を閉じて運転は出来ませんが体感は同じなのです。


そしてなんと偶然なのか必然なのかディーゼルモデル登場。同じ色では有りませんか。ディーゼルはサンカーズで販売中。仕様も細かく比べました。ディーゼルオーナーに聞くと、大満足カーで最近買い換えたとか。そうです2台目のディーゼル車。ノートラブルで何も困ったことは無いそうです。個人的には現行ディスカバリーのデザインがイマイチなので、改めてディスカバリー4の完成度に納得した私なのでした。詳細は次号041号で書きますよ。

涼しくなったらキャンプ日和ですね。

ディスカバリー4の撮影は無事に終了。今回の矢口キャンプはディスカバリーオンパレード。ディスカバリー4が3台。ディスカバリー3が数台。ディスカバリー2が数台。参加者の半分はディスカバリーなのだ。主催者の矢口くんがディスカバリー命なので結果としてディスカバリーが多くなるのだ。ディフェンダーが増殖している昨今なので、デスィカバリーが数多く集まると新鮮。それにしても個性的なメンバーが集まったな。


この参加者を考えるとディスカバリーの台数が想像出来ますね。この日はディスカバリーズの演奏も有り盛り上がったことだろう。私は夕方には現地を離れ家族のために晩飯作り。家族孝行に励む私なのでした。キャンプ日和を中断しているので、最近は読者との交流の場が減っている。涼しくなったらキャンプ日和かなと考えています。焚き火が相応しい季節からキャンプ再開予定。焚き火&温泉をコンセプトに場所探しをスタートします。

 

待ち合わせの新松田駅と松田駅で頭が混乱します。

国立から電車で小田急線の新松田駅まで。たっぷりの読書時間。読んだ読んだ。なんで電車での読書はページが進むのか。七不思議ですね。都心に向かわないので座れます。新松田駅で新田さんと待ち合わせ。キャンプ場まで運んでもらいます。未だに新松田駅と松田駅で頭がごちゃ混ぜ状態。今度地元の矢口くんに聞くことにしよう。


キャメル号は入院中なのでツインランドの代車です。後方にもう一台。さて何方かな。


なんと驚きです。呉市の姫野さんではありませんか。偶然新田さんが見掛けたようです。姫野さんはツインランドの帰り。渋滞を避けて下道で静岡方面に行くとか。とにかくキャンプ場までお連れ致します。


姫野さんは私と同学年。呉市から東京まで自走する元気なオヤジなのです。今回の豪雨災害では大変でしたね。遠路安全運転でお帰りください。姫野さんに会えて良かった良かった。さてメイン撮影であるディスカバリー4に取り掛かります。しかしキャンプ場は暑い。夏のキャンプは標高です。キャンプは冬だと改めて感じた私です。