クルマに灰皿は昔の話ですね。

早寝早起きをしたいのにまだ遅寝が続いている。昨晩はアイスホッケー。苫小牧の往復は4時間。人生初めてアイスホッケーをするのに長時間の移動。徐々に教室に通うメンバーと会話が始まった。体が引き締まったオジさんと話す。動きにキレがあり身長が190cm近い。どちらからと聞くと室蘭。えっ。リンクが11月から3月なのでオフシーズンは苫小牧の教室に参加。室蘭の大人チームは15チームだとか。そんなに有るのか。60歳過ぎの私でも入れるチームが有るかと聞くと、彼はなんと59歳だった。59歳でこんなに動けるのか。勿論チームに所属。室蘭は伊達からクルマで30分。真剣に考えようかな。シーズン中は毎週練習しているようだ。毎週の練習だと東京に戻る時間が無い。なんてバカな事を考えてしまった。さて先日のディフェンダーTDiの撮影で、飯島くんが妙に食い付いたパーツを紹介。


な〜んだ。灰皿を取ってそこに入れる小物入れとシガーライターのフタです。300Tdiの時代は灰皿&シガーライターは標準装備。今の時代は灰皿が不必要。そこで純正パーツの小物入れに交換。飯島くんは2個お買い上げ。TDCiだと灰皿が有るのか無いのかも私は記憶が無い。私の記憶はTd5で止まってます。このような小物はオーナー車じゃないと気に留めない。因に小物入れはクリーブランドの阿部ちゃんに頼みました。

生活習慣とは。

生活習慣のズレでリズムが狂う。伊達での早寝早起きを約二ヶ月間。朝食は8時で夕食は19時。昼飯はトースト&珈琲。東京に戻り完全に狂ってしまった。家族は全員働いているので夕食は22時から。寝るのは深夜1時過ぎ。朝食は食べない。これでは私のリズムが狂ってしまう。たかだか11日間の滞在では馴染まない。寝不足が続き胃腸の調子が悪くなる。安息の自宅なのに安息出来ない。規則正しい食事は大切なのだと痛感した。実際に大して運動をしていないのに伊達滞在で2kg体重が落ちていた。不規則な食事は不健康になります。私は早寝早起きが自分に合っているようだ。朝4時に起きて珈琲を飲む。これがベストなのだな。


今回は飛行場近くの民間駐車場に11日間停めた。蒸し暑い東京から涼しい北海道へ。狭い日本なのになんでこんなに温度が変わるのか。クルマにお風呂セットを入れて置くのを忘れ後悔。支笏湖経由で伊達を目指す。深夜にサッカーを応援してしまった。見慣れないスポーツだが国民の義務として応援。早寝早起きに戻すのに時間が掛かるな。さあ今日はアイスホッケー練習日。このために帰ってきたのだ。

最近は思い出のクルマに出会います。

ディフェンダーTDCi新車価格はご存知ですね。その価格の影響なのかディフェンダー中古車価格も同様に安くは無い。我々のように新車ディフェンダーを500万以下で購入していると、なかなか今の新車価格には馴染めない。しかし昔を知らなければ抵抗無く新車価格を受け入れられる。私が初めて買ったディフェンダー300Tdiは、サンカーズの橋口家で奥様クルマとして頑張っている。


久しぶりにご対面した。マッハ5&サイメックス。この仕様で奥様クルマとは橋口くんの嫁らしい。90の外ロールバーは有りそうで無い。このクルマで打ち止めしていれば私の人生も大きく変わったのだろう。しかし後悔は全く無い。我が人生に悔い無しなのだ。さて今日これから北海道に戻ります。室蘭の住職と訪ねる場所があります。ちょっと懐かしい会いたかったご夫婦に会いに行ってきます。3日か4日のブログに書きますのでお楽しみにお待ちください。蒸し暑い日々から解放されます。伊達も暑かったら。そんなことは無いな。

思い出のクルマ達と遭遇出来る場所。

100時間カレーとやらが国立に有ると解り食べる。突然刺激をお腹に与えてしまったのか駅のトイレに駆け込む。元来胃腸が弱い体質。そしてこの猛暑。体が北海道仕様のままなので体力が消耗している。自宅なのに自宅とは違い自分の部屋が無いので落ち付かないのだ。マイペースで生活出来ない辛さ。昼飯は大好きなトーストが食べられないし。嫁に片付けだと言われ娘の部屋の模様替え。私の予定部屋はどんどん物置となり夢物語。これは早々に涼しい北海道に戻るのが賢明だ。父はたまに会うのが家族平和なのかもしれない。丹羽氏との価値観が似すぎて驚いている。私の思い出のクルマと次々と遭遇出来るのだ。


ランクル40をレストア。新車のように輝いている。丹羽氏が若かりし頃に所有した思い出のクルマ。最近購入し手を入れたようだ。私も30代に40を所有し数年間乗り回していた思い出のクルマなのだ。


エンジン音を聞き思い出に浸る私。当時の私は50ccバイクを積み込みバイクレースにハマっていた。車高の高い40にバイクを積み込むなんて、いま考えると無謀の極みである。クラシックミニでレースまで行った。最近は行動半径も狭くなり慎ましく生きている。せいぜいアイスホッケーで汗を放出する位が丁度いい。えっアイスホッケーは過激だって。私の場合は普通に歩くほうが危険ですから。丹羽家は私の思い出を再現するために有るのでしょうか。ランクル40から刺激を受けた私で有りました。

運命のクルマとは必然的に出会ってしまうのだ。

観たかった映画が有る。焼肉ドラゴン。コメディかと思ったら、私は涙で何度も眼鏡を外してしまった。記憶に残る映画である。映画館で観て欲しいがレンタルでも構わないので観て欲しい。映画鑑賞は人間の義務ですから。さて今回の中部取材ではクラシックミニとの遭遇が多かった。嬉しいのか複雑なのか。まっ私の運命のクルマなので、避けられないのだろう。


四日市市のプログレスは、ローバーディーラーだったので工場にはクラシックミニを見掛ける機会が多い。最終モデルから約20年経っているので、頑張って走っているなと話しかけてしまう。それにしても最近は街で見掛ける機会が減ったな。


続いて丹羽氏が3台目のミニを購入したので秘密の工場に行く。田舎の山奥に60年代英国車を中心に整備が行われている。規模の大きさにも驚くが全国から集まっているナンバーにも驚く。いやいや本来は3台目のミニ購入に驚くのか。今回のミニはAT。距離が極端に少ない。奈良県のミニ屋が持っていたとか。秘密の工場では丹羽氏好みの仕様を目指し手が加わる。私は残念ながらATには興味が無い。日々目で楽しむミニ鑑賞にも限界が有る。夢でツインインジェクションを運転する日々が当分続きそうだな。