ディスカバリー4を撮りたくなった。

相変わらず寝る前の数分は目を閉じてイメージトレーニング。そして気が付くと睡眠。なんでこの方法が中学生の時に思い付かなかったのか。解っていれば私は高校と大学は大好きだったアイスホッケーを続けた。やっと謎が解けた。当時のコンタクトレンズはハードのみ。私はメガネでプレーをしていたと思っていたら、お袋が昔はコンタクトが外れリンクで探したよね。そうか私もコンタクトレンズを利用したのか。親父の一言でアイスホッケー継続を諦めた。お前は目が悪いからアイスホッケーは諦めろ。当時私はゴールキーパー。新人戦は北海道2位。北海道2位とは全国でも2位のレベル。大人になり遊びでアイスホッケーを再開。しかしゴールキーパーとは決別。いつか基本を習いフォワードの練習をしたいと考えながら還暦が過ぎた。現在のアイスホッケー教室には子供のキーパーが数多く参加する。私の目はどうしてもキーパーの練習に目が行く。たった3年間だったが中学生時代の地獄の練習は忘れられない。アイスホッケーの話は永遠に続けられる。しかし読者にとってはどうでもいい話なのは解っています。さてランドローバーの話をしますか。現行車では無いが最近気になっているランドローバーが有る。それはディスカバリー4。色々と考えてコストパフォーマンスNO.1はと考えると、中古車ディスカバリー4ではと考える。人生一度は所有する価値があるかもよ。


次号の原稿を書きながら気になっているのだ。小城さんが持っているし。ちょっと誌面で書くかなと考えている。詳細を紹介したことも無いしな。私が考える究極のファミリーカーなのだ。運転しても楽しいし家族が乗っても安心。ランドローバー人生で初めてディスカバリーに興味を持ち始めているのだ。この気持ちを抑え込むのは体にはよくない。小城さん撮影させてくれますか〜。連絡待ってま〜す。

次号040号は7月24日発送します。

次号の原稿書きに勤しんでおります。クラシックは燃料ポンプで無いようです。なのでメカニックも悩み苦しんでいる模様。住職から借りているのは旧車ボルボステーションワゴン。住職は廃車になるようなクルマを乗るのが趣味。5万+車検代だと自慢しております。平均燃費が表示され11km。意外と走るのですね。私は風呂に行く意外は原稿書き。早くクラシックが戻って来ないかと願っております。原稿書きをしていると風呂に行くのも段々と面倒になります。さて次号040号は24日納品・発送予定。表紙データが完成しているのでアップします。


豪雨の中突然雨が止み撮影出来ました。梅雨時期は撮影のタイミングが大変です。外での撮影は冬がベスト。空気が澄んでいます。300Tdiは完璧な仕上がりでした。私の残りの人生で110を所有する事は無いと決めてます。もしディフェンダーを所有する可能性はと考えると130か90かな。でも早く東京に戻る事になったら130は無理。130は北海道に住むことが条件。色々と考えると私のランドローバー人生ではディフェンダーは卒業なのかもしれません。そんな事を考え300km近く運転した300Tdiでした。詳細は誌面でお読みください。300Tdi愛を叫びます。

失敗した購入方法を次号で書きます。

ランドローバーの購入方法は色々なケースがある。初めてのランドローバー購入は特に難しい。中古車となるとリスクが伴う。何処で買うか。一歩間違うと後悔する。しかし何が正しくて何が正しく無いか解らない。誰にも聞けない。何を基準にしたらいいのか。地方に住んでいると簡単に現車を観ることは不可能。でも憧れのランドローバーを所有したい。長年の思いが背中を押してしまう。


やっと購入した中古ディフェンダー。しかし現実は販売店の裏切りの多さ。買った側にも問題があるし売った側にも問題がある。長年触れてこなかった購入実態。初めての中古車ランドローバーを考えている方には参考にしてほしい。誌面では詳細にオーナーの話を紹介している。

世界限定270台の魅力。

ディフェンダーはノーマル好きとかオフロード仕様とか、限定車が好きとか好みは色々である。それだけ手を入れやすいクルマなのだろう。何が良くて何が悪いなんて言えない。自由に遊んで構わないクルマと考えよう。私も色々とディフェンダーで遊んで時期もあったが、お腹一杯になってしまった。あの乗り心地から卒業したいと考えているのだ。しかし一度も所有したことが無い人には興味津々。人生一度はディフェンダーを所有するのも悪くない。ディフェンダーと合致すれば一生乗り続けたいクルマとなる。それだれ個性的なクルマなのだ。そのディフェンダーのなかでも超個性的な限定車を撮影した。


2001年式世界限定270台。そうですトゥームレイダー一作目に登場したディフェンダーを市販化した特別仕様車。


ベースTd5となります。


インパネ周りはTd5。日本で販売したダブルピックアップと同じ仕様です。しかし外観は全く違います。


車高が高くて乗り降りが辛い年齢。運転しましたがTd5の乗り味です。年齢と共に車高はクラシックレンジローバーが限界。これは販売車。サンカーズでの販売となります。現在日本には色々なディフェンダーが生息しております。完全にランドローバー天国いやディフェンダー天国なのです。ご興味がある方はサンカーズ橋口さんに連絡を。

不器用な私なのです。

本来不器用な私がステッカー貼りに挑戦。止めりゃいいのに挑んでみた。結果は最初から解っていたのに。それもちょっと大きいステッカーなのだ。


貼る場所はロゴの下。空きスペースを計りサイズを依頼した。


そうです真狩村ライフのステッカー。この距離だと何の問題も無い。ライフが依頼して作ったステッカーの2倍の大きさ。


完全に空気が入った箇所が数カ所。ステッカー貼りをして室蘭の印刷所に行ったらエンジンストール。ステッカー貼りとは何も関係無い。しかし私は不器用ですな。自分で呆れて片方に貼るのは挫折。遠目には存在感が有るステッカーなのですが。小池さんこんな状況です。申し訳無い。力不足でした。さて剥がすか。どうしたものか。思案中ですがクルマが戻ってこないと先に進めません。