060号は11月22日に発送します。

おはようございます。060号で創刊から10年を迎えた。私の年齢だと10年はあっという間が本音だ。何故に中高年を過ぎると時間の経過が早いのか。若い頃に比べると時間の経過のスピードが違うのだ。60歳を過ぎてからは時間の経過は加速的になる。100号引退まで40冊7年を要する。今から考えたく無いが私が70代に突入するのか。先日東京に戻りテレビを観ていたら、私と同年齢の方に対して私が老けているなと言うと、娘がお父さんと変わらないと一言。知らぬは私だけなのか。正しい老人道を突き進んでいるらしい。実はショックだった。

外観とは違い私の頭の中は高校時代と余り変わらない。しかし体力は落ちているのは間違い無い。髪の量も少なくなり肌の状態も経年劣化。しかし気力は満ち溢れている。100号ゴールを目指し突き進みます。060号は11月22日いい夫婦の日に発送致します。私ごとですが40回目の結婚記念日となります。腐れ縁です。今は060号の原稿書き。目の前の仕事を終わらせます。

前の記事

あの男が来た。

次の記事

洞爺湖コハム。