衝撃の嬉しさ。

おはようございます。一番試したかって場所はグリル。顔が締まるとクルマの表情が変わる。普通は再塗装をするのか。しかし塗装の前に試す価値が有りますよシリコンは。グリルにシリコンを染み込ませる。表面が変わる。色も変わる。これは理屈を理解する必要が有る。完全に私はシリコンにハマってしまった。経年劣化したクラシックにシリコンは必要不可欠と認識した。

悲しく劣化した薄汚れたバンパーなのだ。

シリコンを塗り込んだ状態。何も言う必要が無い。ただ持ち時間が全く解らない。アップで観てみよう。

部材が劣化しています。28年経てば劣化します部材は。

しかしシリコンを塗り込むと部材が生き返ります。凄いと言うのは余りにも稚拙な表現だな。余りにも嬉しくて夕方にまた撮ってしまった。

これは衝撃の嬉しさなのだ。シリコンは凄いぞ。シリコン注入をするべき箇所がクラシックは数多い。素材の保護にもなるので行動有るのみ。ただ問題は寒いのだ。防寒着を着込んでの作業なのだが寒い。ガレージが欲しいと心から思う。北海道は猛スピードで秋から冬に突入中です。明日は東京に戻る。東京から戻って来たら北海道は冬だな。気持ちは完全にシリコンモード。まだまだ塗り込みたい箇所が多いのに。

前の記事

シリコン恐るべし。

次の記事

サケは大不漁なのだ。