手塗り塗装2。

おはようございます。昨日に引き続き手塗り塗装を報告する。昼飯前には磨きを終えたい。必死に磨く二人だった。ヤスリの荒さを変えると手触りが変わる。地肌を出すのはご法度だ。クリアを全て除去したいが取りきれない箇所も有る。手塗り塗装には男のロマンが秘められている。岡田くんはバンパーも鉄に変えたいようだ。右手と左手で交互に磨く。頭の中は筋肉痛になるなと考える。

そうだ誰が使わなくなったディスカバリー1の、フロント&リアの鉄バンパーを岡田くんにプレゼントして下さいな。送料は岡田くんが支払います。ボディを渋く手塗り塗装にするのだから、バンパーも鉄に変えると引き締まります。情報お待ちしております。

休憩時間を利用してクラシックに積んでいた、ハンターソブリンを洗います。デュバリーブーツに出会う前はよく履いたな。改めてハンター持つと意外と重い。こんなに重かったのか。ソブリンはソール交換出来ます。インナーは革を張っているので脱ぎ履きは滑って楽です。思い出が詰まったブーツなのであります。

昼飯は勿論セイコーマートのカツ丼です。でも私にはヘビーだった。最近は昼飯をバナナ2本が定着。お腹がパンパンで苦しくなりました。

岡田くんは愛車を眺めてカツ丼を食べます。奥にクラシックで手前にディスカバリー。絵になる景色になりました。それを撮る私は磨き疲れでヘロヘロです。ちょっと写真点数が多かった。ネタが勿体無いのでスミマセン明日に続きます。

前の記事

人生初の手塗り塗装。

次の記事

手塗り塗装3。