品格の有るクラシックは筋が良いのだ。

おはようございます。昨日は岡田くんと自宅の草刈り。岡田くんが草刈機を持ってきてくれた。海側の土地が草ぼうぼう。隣の家から苦情が入ったらしい。岡田隊長の指示に従い任務完了。ほぼ岡田くんが刈ってくれた。あ〜疲れた。田舎暮らしは大変ですね。さて本題に入ります。今日は何を書こうかな。クラシック前期のバンプラを撮影しました。サンカーズの販売車ですが、程度が良いので整備を引き続きサンカーズで行う事が条件とします。それが可能な人は橋口くんに連絡を。


なかなか出ないレベルです。訳の解らないお店では売りたくても売るチャンスが訪れない極上品。長年ランドローバーディラーだったので管理顧客の筋が良い。


この状態の内装はなかなか今となっては出会えません。運転席のシートの状態も極上です。


乗り降りで痛むシートの右端もこの状態ですよ。フロアーマットも美しい。


二列目シートの足元で寝れます。クラシック好きは一度はバンプラを所有したくなります。私は二台所有したので卒業です。バンプラは運転するより乗車が基本。私は運転が好きなのでベーシックで十分なのです。


エンジンルームも純正を守り的確な整備を継続しております。クラシックに派手なパーツは似合いません。


新車購入時から受け継がれてきた品々が付属させます。筋が良いクルマとはこんなクルマなのです。美しい。この表現が適している。ガレージに保管され愛情が注がれたクルマには品格があります。


距離も適正だな。高額な価格設定で儲けたいとはサンカーズは考えません。サンカーズで整備を継続し、末長くこのクラシックを乗り続けられる方は連絡してください。諸々の条件が有りますがご理解願います。

 

 

好きだから乗り続けたい。

おはようございます。伊達に戻り落ち着いたので、撮り貯めたランドローバーネタを次々とアップしますよ。数日はお楽しみくださいな。今回はクラシックネタが多いかな。世間的には最近ニューディフェンダーのチョイ見せが増えてますが、全く私には興味がございません。まっ価値観なのでご理解くださいませ。それよりクラシックには興味津々。乗りたいクルマを乗り続けましょう。


ちょっとインパクトあるでしょ。土産袋の意味が解りませんが。1992年式レンジローバー正規販売車。この状態なのです。ちょっと観たくないものを観てしまった。錆だらけ。オーナーは腐食が進んでいるボディパーツの交換を依頼。しかし次から次と錆を発見。順番にパーツを交換している最中なのです。時間とお金が許すなら作業が終わるまで取材したい。でも現実は厳しい。無念だ。


こんな箇所や、


こんな箇所も。


完全にフランケン状態だ。純正と社外パーツでボディパーツはまだ揃えられます。この状態なら錆びてないクラシックに交換したら、なんて考えている人はランドローバー好きではありません。愛車だから修復したいのです。現存するクラシックで錆びてないクルマを探すのは奇跡。でも現実は内装を全て剥がしてチェックするのは困難。


次々と錆びている箇所を取り除き、新しいボディーパーツに交換します。観ている私も痛みを感じてしまいます。旭モータースに入庫するランドローバーはディフェンダーばかりではありません。このような重病のクラシックも最近は多いな。手間と時間が掛かるランドローバーを受け入れるのは専門店としてのプライドか。誰だって売り上げより面倒な仕事は避けるのが昨今の流れ。旭モータースに拍手を贈ります。


もう観るのが耐えられないでしょ。でも現実なのでお伝えします。


車両代プラス今までの維持費。そして今回の鈑金塗装。いったいどれほどの資金が必要か。なんで新しいレンジローバーに乗らないか。話は簡単です。好きで興味の対象はクラシックだから。それ以外なら要らない。今度旭モータースに行くのは二ヶ月後。果たしてまだ作業が続いているのか。オーナーの元に戻っているのか。久しぶりに血が騒ぐ仕事を観せてもらいました。でも気が付けば私は25年間ランドローバーのこんな作業風景を観続けているな。人間もクルマも早期治療が必要ですね。旧車を所有している方は専門店で錆てる箇所のチェックをお願いしては。現実を受け止め早めの対処が結果的に延命に繋がります。

 

自分の居場所が解らなくなっています。

おはようございます。伊達に戻ってきた。天気は悪く気温が低く湿度も低い。クラシックで支笏湖経由で伊達を目指す。途中で小腹が空き大滝のセイコーマートでコーヒーとサンドイッチ。北海道だと実感。東京では毎朝シャワー。頭の中は温泉が渦巻く。風呂に入りたい。壮瞥の温泉に浸かりたい。


身も心もリフレッシュ。玄関脇のパイプ椅子に座り風呂上がりに一服。これが最高に気持ちが良い。クラシックを眺める。カッコイイスタイルだ。完璧だ。無駄が無い。なんて一人悦に入る。こんな生活がまだまだ続く。100号引退までは伊達に居ると決めている。と言うか嫁のお母さんが天国に召されるまでは。いやお袋が天国に。私と似たような状況の同志は多いのでは。年老いた親問題は複雑です。湯に浸かり疲れて21時には就寝。爆睡致しました。

次号では旧車ディスコ愛を私が代弁します。

おはようございます。梅雨の合間の曇り空を期待して甲府に行ってきた。神は私に束の間の曇り空をプレゼント。なんとか撮って参りました。ウインチとタイトルに書いているのに毎回内容はバラバラ。いいのです思い付きで。今回はディスカバリー愛を私が代弁します。脚立を三回変えて最終的には梯子タイプ。落ちるかと思いました。足はガタガタです。高い場所は苦手。メインカメラとはレイアウトが違いますがご覧あれ。


全てディスカバリー。0から2Aまで有ります。キャメル色0ディスコは入院中。まだ他にも隠し持っているようです。飯島くんはディーゼル嫌い。全てV8です。久しぶりに各車運転し個人的には0が好きかな。ディスカバリーは名車です。食べず嫌いにならないで、ちょっと旧いディスコを所有するのも悪くは無い。派手なクルマより地味なクルマがお洒落です。旧車ディスコを仕上げて自分好みのボディ色。シートも仕上げれば完璧です。そして信頼出来る工場で納得の整備。中途半端な整備でディフェンダー中古車を買うなら、仕上げたディスコを所有したほうが精神的なストレスが無いと考えます。そしてお財布にも優しい。こんな考え方は間違ってますか。

ついにアウターがゴア&ダウンの時代が訪れた。

おはようございます。取材も残り1本。今日はこれから甲府に行って来ます。今回は動いたな色々と。ただ梅雨は辛い。天気が読めません。昨日はRabまで電車移動。最寄りの駅からの方向が解らず焦りました。次回からは迷いません。商品撮影を北海道の地で行うのは正解かも知れません。撮影場所選びで苦労しないから。Rabのダウンが遂にゴア&ダウンを発売。これは最強のアウターです。着心地も最高です。山なら5000m級に対応かな。我々は普段着なので北国の方には朗報か。それ以外の方には暑いか。まっダウンの下がTシャツならOK。私はマジで買います。


ロゴもちょっと変わりましたねゴアの。昔々のゴアはゴアゴアだ。なんて手触りは過去の話です。手触りも心地よくRabの高級ダウンが使われ最強の一着となりました。


いい感じだ。次号で紹介します。なんでこんな時期になんて言わないで。Rabの強みはダウン。梅雨だろうが夏だろうがダウンは避けられない。そんな理由でTシャツの横にダウンを掲載予定。寝袋だって掲載する考えです。これから夏ですが私の気持ちは秋冬に突入しております。まっ日々氷と接しているので。リンクでは子供待ちの父兄は皆さんダウンを着込んでますし。人によっては一年中着るのですダウンは。早く涼しくならないか。ちょっと気が早いですね。