90歳免許返納まで元気に生きろ。

おはようございます。飯島邸で私が好きな場所は、庭に有るベンチに座り観る景色なのだ。敷地内には数多くのランドローバーが置かれている。違う場所にも置いて有る。広いガレージにも有る。それ以外に知り合いの倉庫にも有る。一年二年で集めたクルマでは無い。10年20年30年掛けて厳選し残ったクルマは、ランドローバーを中心に20台近くは有るのか。

重たいリュックをベンチに置き魔法瓶に入っている珈琲を飲む。屋外なので煙草を吸わしてもらう。普段の生活では近場のモノばかり観ているが、遠くの山並みを観ていると目が喜ぶのが解るのだ。快晴で無風で最高のコンディションだ。

クラシックミニとタイガーは昔からガレージに収まっている。

ガレージ奥に得体の知れない箱が有る。聞くと金庫を買ったとか。その移動目的の為にフォークリフトまで買う始末。何で金庫を買ったのか。理由が有ったのだ。

理由はロゴで理解しよう。私も初めて観ました。本当に困った男なのだ。人生は一度しか無い。好きに生きる。趣味の為に働き好きなモノに囲まれる。こんなに人生を楽しんでいる男が甲府で生きている。

趣味の部屋には大好きな楽器で溢れている。私は77歳で免許返納を考えていると話すと、飯島浩二は僕は90歳までは運転します。この場所ではクルマが無いと生きられない。確かにそうだな。

折角来たので次号2ページで飯島浩二の世界観を語ります。大好きなラジコン。大好きなバイク。トレーラーハウスも2台になっていた。バイクを運ぶワンボックスカーも増車していた。飯島浩二よいつまで突き進むのか。君の体力と資金力には呆れるばかり。でも健康だけには留意して、90歳免許返納まで元気に生き続けて欲しいと私は祈る。飯島浩二は日本一のランドローバーバカと私は確信している。

次の記事

AARとご対面。