メッキどぶ漬け塗装を探してます。

おはようございます。クラシックは今となっては買えないパーツが数多い。使えるパーツはリペアして使いたい。クラシックは北海道に置いているので極力北海道で完結したい。昔は存在していたメッキどぶ漬け。私はクラシックミニ乗りだったので、メッキパーツは当たり前の存在。クオリティの低いメッキは直ぐにサビる。当時は台湾製のメッキパーツが安いので大流行。飛び付く人が多かった。私は理解していたので当時物の本物メッキを英国から探し出す。メッキの純度が年々環境問題で低くなっていた。クラシックで使っているメッキパーツはバンパーが解りやすい。フロント&リアで使っている。で今は英国では新品メッキバンパーは買えない。何が買えるか。ブラック塗装のバンパーなのです。しかしバンパーが黒だとイメージが違う。単なる塗装でメッキ色にしても、一年も経たぬ段階でサビます。私のクラシックも経年劣化でサビがで始めた。

そろそろ真剣に考えるタイミングとなります。私の編集者魂に火が付きます。北海道でメッキどぶ漬けが出来ないか。洞爺湖工場に聞いたら一度札幌の工場に出して失敗したと。多分どぶ漬けでは無くて吹き付け塗装だったのでしょう。どぶ漬けで奥深く浸透させないと意味が無い。根気良く私はネットでどぶ漬けを探してます。意地でも見付けてメッキどぶ漬けを行います。リペアとは情報収集も必要となります。誰か北海道でのメッキどぶ漬け情報を知っていたら教えて下さい。お願いします。

次の記事

当時物のメッキとは。