久し振りにツインランド。

おはようございます。東京は快晴が続いている。小さなクルマで相模原市のツインランドに行って来た。電車で行くと遠回りになるが、クルマだと渋滞が無ければ40分。国立からだと意外に近い。待ち合わせが10時だったが9時前には到着。馴染みのスタッフと業界話し。北海道に居ると部屋に篭り会話が無いので、脳の刺激と会話のリハビリになる。人間は適度な会話が必要だと最近は痛感している。会話が少ないと脳が退化するのは困るし。

この景色は何も変わらない。手前のクルマも何年も動いて無いか。変わらない事は悪か善か。ランドローバー業界的には善で有る。旧ランドローバー所有者からすれば、時が止まった状態のランドローバー専門店は無くては困る。出入りするクルマはランドローバーだらけ。地方に住む旧ランドローバー所有者達にとっては理想郷なのだ。都会だ地方だと区別する事無く、ランドローバーを所有出来るのが本来は理想だ。しかし都会の方がランドローバー生息率が高い。よって都会に近い場所でのランドローバー専門店となる。私が田舎での旧ランドローバーライフを実験しているので、どの様な展開になるかは継続的な楽しみと考えよう。でも近くにランドローバー専門店がある方は、実は恵まれているのだと気付いて下さいね。さて、私は何でツインランドに来たのか。明日のブログで解ります。

前の記事

いきなり17805歩。

次の記事

温故知新だな。