author.php

北海道を走ろうについて。

おはようございます。8月11日から14日の北海道を走ろうは、11日12日は真狩村キャンプ場に宿泊。事務所に連絡しましたがフリーサイトは予約しなくていいとのこと。直接当日来てくださいだって。真狩村ライフには11日15時から貸切カフェオレ会を開催します。12日は真狩村のお祭りでお休みだそうです。真狩村のお祭りを見学しましょう。野菜の安売りが有るようです。ライフ旦那はお祭りのお手伝い。ジャム屋さんやパン屋さんに行くのもお勧めです。


コンテナバックで撮影です。雰囲気が出ました。13日は余市のニッカ工場に行く予定です。11日12日が北海道を走ろうのメインですね。北海道にお住いの方もどうぞお集まりください。食材の買い出しは倶知安のスーパーを考えてます。日本海の鮮魚が美味しいので。温泉は真狩湯と雪秩父を行ったり来たり。そんな感じで考えてます。中部からのお友達はあのキャスパー(救急車)で来ます。記念撮影してくだせさい。とても貴重なランドローバーとなります。

住む場所の天候は大切な道標だ。

おはようございます。昨日夕方に室蘭の印刷所まで行く。自宅から室蘭に向かう途中に一山超えるのだが、その山の境界が天候の分かれ目。伊達は雨が振って無いが山に向かうと小雨が降りだす。山を登ると完全に雨。室蘭市内は全て小雨なのだ。室蘭から登別そして白老、苫小牧方面は雨が多い地域。天候は重要だなと年を増すごとに考える。伊達で畑仕事をしている時間に室蘭方面は雨ですよ。帰りは壮瞥町に行き温泉。壮瞥町は伊達方面なので雨無し。原稿書きの合間に天気を考える。気分転換になります。


先日はRabの撮影で真狩村に行ってきた。ノンビリ走れば45分。急いで走れば30分。この微妙な書き方で解りますね。冬の雪道だと1時間以上は掛かる。撮影のために草刈りをしてくれたライフ旦那。ありがとう。不思議なメッシュのテントを撮影。因みにライフの敷地は広い。聞いてはいないが500坪以上は有るな。


テントポールはストックで代用出来ると聞いたので懸命に設営。握りの部分がテンションを掛けると外れる。ロープで張ればより間違い無いかな。でもいい感じに設営完了。建物内では旦那が仕事中。お客は不思議な光景を目にして驚いたことだろう。雪の無い季節の真狩村は最高です。暮らしたいとふと考えるが、あの豪雪が頭に浮かぶ。一年を通して北海道としては温暖な伊達。生活するのに相応しい場所なんだと改めて認識致しました。ね岡田くん。

こんな装備が大好きだ。

おはようございます。今朝は3時過ぎに起床。北海道の夜明けは早く4時過ぎから外は明るくなります。朝型人間には好都合。原稿アップまで残り3日。適度な緊張感が心地よい。19日の夜はアイスホッケー練習なので区切りとしては最高です。そうだ飯島号の装備が良かった。これは使えます。クラシックにも装備したいと思案中。


飯島くんご自慢の一台90V8です。自慢のクルマが多過ぎて。なにやらケーブルが伸びてます。そうです充電中。


前にも一箇所。


そして室内にも一箇所。彼の場合は所有するクルマが多過ぎます。そんな理由で緊急充電車が必要となる。手持ちの充電器で十分と思わないで。こうやってクルマで充電するとやった感が高まります。90V8に三箇所のソケット装着。私は好きです。凄く好きです。真剣に取り付けを考えます。貴方もどうですか。

こんにちは女王陛下。

おはようございます。現場のベテランスタッフが退社したとかで6月は休み無しで働いた斎藤さん。疲れ切った顔で伊達に来てくれた。洞爺湖の釣り以来かな。北海道のスーパーでは鮮魚で無くて肉が売れるらしい。最近の若者達は魚より肉なのだ。肉売り場の責任者の斎藤は超忙しいのだ。次号の斎藤さんデイリーに書いているが、不思議な3ナンバーから1ナンバーに変えたいらしい。税金が高額で辛いとか。確かに支払った税金を聞いて納得。何度も書いたが道民は仕事では使うがプライベートで高速道路は無視。高速料金は高い1ナンバーだがそれ以外はメリットが多い。次の車検では本来の1ナンバーに130は変更するらしい。


130の室内に取り付けようと思い購入したが大き過ぎたらしい。私にプレゼント。女王陛下が手を振ってくれる。これは有難く感謝感激。威風堂々の音を毎日流すか。顔は似てそうで似て無い。許可を取ったのか。取る訳が無いな。英国小物が徐々に増えてきた。自分では買わ無いのに有難い。北海道の片田舎の伊達の古びた一軒家の一室に、英国好きなオヤジが居るなんて誰も解らない。今年の冬はボア付きバブアーを着るか。最近英国熱がぶり返している私なのだ。

ディスカバリー1&2を乗りこなせ。

おはようございます。連休なのですね。曜日の感覚はまだあるのですが祝日が入ると混乱します。そうか世間は三連休だったのか。撮影した商品を段ボールで送り返そうと思っていると、郵便局で送れる大きさの制限が有ることに気付く。習慣で郵便局しか使わ無いのだ。しかし衣料品は各社大きな段ボールで送ってくる。送ってきたのは郵便局では無くてヤマトとか佐川だった。変な事で納得している私なのだ。さてたまにはディスカバリーネタでも書こうかな。


先日のブログで飯島くんの自宅敷地で集合写真を撮った。そこから数台近くの公園に運び部分カット撮影。久しぶりにじっくりとディスカバリーをファインダー越しに見つめる。外観はディスカバリー1に魅かれる。綺麗なボディライン。無駄が無いな。


コレがディスカバリー1。


こちらがディスカバリー2。そうか私の好きなのはディスカバリー0か。ディスカバリー1の前期タイプなんだ。超シンプルな内装だったな。ディスカバリー0の腰下はクラシック。腰上がディスカバリー。そう考えると私はクラシック好きなのか。でもディスカバリー1でも2でもまだまだ現役で普通に使えます。ちょっと車高を上げてタイヤはMTに。オフ車風にすれば気分も高揚。シートもレカロに変更すれば戦闘気分になりますし。まだまだ現役で使えるディスカバリー1&2です。ランドローバーの車体がどんどん巨大化している昨今。ちょうどいい大きさだなと考える。旧車と言われてもたかだか90年代。整備を行えば全く問題無い。V8だろうがディーゼルだろうが関係無い。我が道を突き進む姿が価値観だと私は考えます。