author.php

このケースは何でしょうか?

長年生きていると物が残ってしまう。メカニックでは無いが買い揃えた工具を今は一箇所にまとめている。しかし重過ぎて部屋に置いたまま。クルマに積むつもりがそのままに。当時出版していた雑誌名のステッカーが貼ってある。皆さん知らない名称が。外国旧車専門誌を実は出版しました。25年位前でしょうか。


私はいつも時代が求めているより早過ぎます。まっ性格なので諦めていますが。今更ステッカーを剥がすのも面倒なので今は工具箱。


でも工具満載で超重い。クルマまで運ぶの難儀となります。40年クルマ趣味を続ける一応必要な工具は手元に残ります。まっミニとランドローバーがメインの工具。それ以外のクルマには不適当かも。今朝は寒くて毛布に包まっていました。そろそろ布団が必要かもしれません。10月のアイスホッケー教室のスケジュールが届き落ち込んでおります。1回しか無くそれに参加出来ない。あ〜悲しいな。防具を担いで東京でアイスホッケー教室に参加するかな。完全にアイスホッケーモードの私であります。

伊達にアドベンチャー登場!!

伊達にあのアドベンチャーがやって来た。目立ちますね。田舎人はビックリします。札幌の読者である斎藤さん。そうですまた斎藤さんです。どうも斎藤さんに縁があるのでしょうか。今年の6月に転勤で東京から札幌赴任。遊びに来てくれました。


伊達に来たらスペシャルコースにご案内。そうです洞爺湖コハムと真狩村ライフです。雪秩父はすでに訪問されたようです。聞くと温泉大好き人間。


ディフェンダー歴は2002年に300Tdiを新車で購入。2年前にアドベンチャーを新車で購入。絵に描いたようなランドローバーライフ。クラシックとアドベンチャーは東京ナンバー。完全に旅行者と思われます我々は。コハム&ライフの旦那衆は大喜び。クラシックが復活しホッとしている私でありました。クラシックの助手席には岡田くんが座ってます。そろそろ冬タイヤを考えるシーズン到来。10月中旬交換が目安だと岡田くんから聞きました。もうそんな季節なのです北海道は。

活字中毒の何が悪い。

どうも最近は情報収集に疎くなっている。引退したはずの漫画家が現役復帰していた。その名は小林まこと氏。当時ハマった漫画である。Amazonで知り早々に購入。便利な時代だなと改めて思う。送料も必要ないし。これじゃ地元の本屋の営業は厳しくなる。地元の本屋が持てる冊数だって限界がある。レンタルDVDを常時借りているので、定期的に本はチェックしている。お目当ての本が見付かるとは限らない。


5巻目は10月発売らしい。早く読みたい。完全に格闘技モードになってしまった。デビュー当時の小林まこと氏のタッチと変わらないことに喜びが増す。それにしても大したものだ。確か同年代ですから。


この本を買うのが目的だった。増田俊也氏の本は全て読んでいる。完全に私にはストライクの書き手なのだ。そして増田氏が好きな理由は他にも有る。


ページ数の少ない本は買わない。厚い本が大好きなのだ。読み終えた時の達成感が好き。でも欠点は持ち歩きが辛い。とにかく重い。しかし電子書籍には移行しない。重くても書き手の思いを受け止めて読む。こんな事をしているので日々のリュックは大型。気分転換に三冊持ち歩く。これでは腰痛が治らない。

泥沼からの脱出。

突然のエンジンストール。しかし街中で印刷屋さんの前。ガレージ橋本も近い。偶然なのか必然なのか。雪秩父に行く途中なら面倒であった。相性はいいと思っていた。しかしクルマは生き物。何が起こるか解らない。ガレージ橋本に入庫され色々とチェックして最初に疑ったのがイグナイター。彼は良かれと思い社外パーツのイグナイターを発注。数日後取り付けるが状況は変わらない。悩み苦しみ出来る事にはチャレンジした。サンカーズの橋口くんからエアフロを借りて取り付けるが状況は変わらない。最悪私がフェリーに載せ四日市に運ぶと決めていた。しかし私は北海道でクラシックを乗り続けたいのが本音。出来ることなら北海道に置きたい。理由はクラシックが北海道に相応しいクルマだから。ガレージ橋本は改めて考えた。やはりイグナイターが怪しいな。今度は純正パーツのイグナイターを発注。パーツが届き取り付ける。原因は社外品の不良であった。


左手前が故障時に付いていたイグナイター。これは社外品であった。右手前が購入した社外品のイグナイター。新品なのに不良品。社外品は文句は言えない。理由は安いから。嫌なら全て純正品に突き進む。これが王道なのだ。ケースバイケースでパーツを購入。それぞれの考え方でパーツを入手して欲しい。社外パーツが全て悪いとは一概には言え無いのだ。


純正品は安定したアイドリング。私は室蘭から壮瞥の温泉を目指す。途中燃料を満タンにし、違うガソリンスタンドで雨だというのに洗車。気分を一新したかった。でも汚れは全て落ち無い。天気予報では今日は雨が降らない。手洗い洗車でクラシックの汚れを全て落とそう。久しぶりにクラシックを運転しながら今の自分に相応しいクルマだと認識した。ディフェンダーでは無いな。やはりクラシックがkimuraらしい。旧車ランドローバーとの付き合いはまだまだ続きます。