author.php

普段食べない牛肉は斉藤さんの真心の味だった。

普段は牛肉を食べない私なのだが頂いたら食べます。斉藤さんは北海道の大手スーパー室蘭店のお肉売り場の責任者。そんな斉藤さんなのだが家では肉は余り食べない。私と同じ魚好き。職業病なのか。斉藤さんがバーベキューに持ち込んだ牛肉は、普段食べない私でも美味しそう高そう〜。でした。

最初はすき焼きからスタートします。北海道ですき焼きと言えば豚肉が一般的。最近は牛肉を使うのか。各家庭の事情は解りません。木村家は豚肉だった。でも私は18歳で家を出たので記憶が薄い。そもそも私は鍋物は食べない変わり者。一品料理が好きなんです。すき焼きが小皿に盛ってあれば食べますが。

すき焼きの調理方法は色々と有る訳で。斉藤家のやり方を理解した。肉よりコンビニで買った生卵が美味かった。コンビニ恐るべし。因みにセイコーマートでは無くてセブンイレブンでした。

続いてステーキとなります。岡田くんが一言美味そうだ。因みにこのまな板は斉藤さんの手作りです。

いい感じで焼き上がりました。私と斉藤さんはちょっと食べれば大満足。岡田くんは正しい肉系男子。全て食べてくれました。日本を守る自衛隊員であります。あ〜美味しかった。斉藤さんに敬礼です。

お馴染みのストーブを斉藤さんが持ち出します。愛犬のために買ったとか。灯油と聞くとガスと言う。屋外での使用は無理が有る。カセットガスを売る時代か。商魂逞しいアラジンなのです。撤収後はコハムで温かい珈琲を頂き記念写真を。050号に掲載致します。掲載企画もちゃんと区切りが付いて良かった。斉藤さん長年ありがとうございました。終わり。

洞爺湖コハムの駐車場でバーベキューだ!!

おはようございます。049号は原稿を書き上げ印刷工程に入りました。今の安堵感が幸せなんです。たかだかの事なんですが私としては心地よい。コンビニのスイーツなんか買ったりして。珈琲と一緒に頂くと最高です。最近は大好きなパンを控えているので、たまには許してねと悪魔の囁きに負けて食べました。さて先日の洞爺湖の釣りの後はバーベキュー。洞爺湖のキャンプ場を全て調べて、電話までして確認しましたが冬のキャンプ場は全てお休み。バーベキューを勝手に湖畔で行う勇気が無い。規則は守りたい。しかし遅れてますね洞爺湖は。世間は冬キャンプですよ。極寒の洞爺湖でキャンプをしたい都会人は絶対に居る。管理の問題なのか。民間のキャンプ場ならビジネスとして成立するから営業でしょう。でも苫小牧のキャンプ場は行政管轄なのに通年キャンプ。考え方が違いますね。という事で洞爺湖コハムにお願いして駐車場でバーベキューを決行しました。

絵的にはどうですか。さすがにタープは営業妨害なので張れません。

直火はまずいので缶に穴を開けて薪を燃やします。点火は本業の岡田くんが行います。さすがに現役の自衛隊員は手際が良い。

インテリアに斉藤さんが持ってきたチェーンソウ置きます。楽しそうに思うでしょ。でも氷点下なので寒い。通り過ぎるクルマは何事かと速度を落とす始末。メニューはすき焼きとステーキ。肉屋の斉藤さんが持ってきた肉は絶品。正直に言うと最近こんな美味しい牛肉は食べてません。ネタとしてインパクトが有るので肉編は明日書きます。

洞爺湖で釣り企画。

おはようございます。斉藤さんの休みは不定期。私も20日に北海道を離れる。斉藤さんのお休みに050号の釣り企画を行います。わかさぎ釣りを考えてたら、凍っているのは全て道東方面ばかり。道南方面はまだ凍りません。そして選んだ場所は我々のホームグランドの洞爺湖です。洞爺湖も例年に比べ雪が少ない。

釣り人はチラホラ居ます。雪が少なくても冬の北海道。強烈に寒い。勿論、氷点下であります。風が吹けば体感温度は下がる。

編集者は絵に拘ります。二人に湖に入ってね。氷点下で湖に入るとどうなるか。ご想像にお任せ致します。鬼の編集者なのであります。

震えが止まら無いお二人さん。釣れたか釣れなかったかは050号で確かめてね。私も寒くて震えが止まりません。この後の絵作りはまだ終わりません。天候にも恵まれ良かったね斉藤さん。飛び入りの岡田くんありがとう。

049号の納品・発送は20日月曜日。

おはようございます。雪が降らない北海道ですが寒いです。雪が無いと困る業界は大変ですが、一般人は雪が少ないと助かります。昨日は原稿書き後に壮瞥の温泉。クラシックの室内は冷蔵庫状態。風呂で出会う地元の挨拶は今年は寒いね。地元人が寒いと言う事は相当寒い訳で。私の心は東京です。歩きたい。さて次号の表紙が印刷工程に入りました。今回は仕事で早めにフェリーで東京に戻ります。納品・発送は20日月曜日となります。

いい感じでしょ。個人的に好きな絵となりました。初期型ディスカバリー。3ドアはデザイン的に美しい。ボディの傷も勲章です。誌面では初期型ディスカバリー3ドアの私見も述べております。原稿書きのゴールが明日の午前中。頑張って脳を刺激します。

カルルス温泉の鈴木旅館の湯は名湯だ。

おはようございます。二度寝をしてしまった。深夜1時に目が覚めてテレビを1時間観て就寝。目が覚めたのが8時。なにか変な感じ。いつもと違うパターンとなった。先日は斉藤さんの紹介でカルルス温泉に初めて入湯。登別温泉からちょっと離れたオロフレ峠のスキー場の隣。知ってはいたが初めて訪れる。斉藤さん曰く翌朝まで効果が有った。それを聞いたら行くしか無い。

目的の場所は鈴木旅館の日帰り温泉。斉藤さん曰くカルルス温泉の他の湯は全て入湯。鈴木旅館だけまだだったとか。噂ではココは一番らしい。お湯ってそんなに変わるのか。

ザ・旅館って感じの館内。料金は500円。駐車場は満車。スキー客も多いが泊まり客は多い。期待でちょっと興奮気味なのだ。創業は明治32年。こんな山奥に頑張りましたね。

浴槽は3箇所。源泉100%、源泉80%、源泉50%と別れる。勿論私は100%に入る。入湯した瞬間にお湯の違いに驚く。肌に染み込む感じ。出会ったぞ名湯に。目を閉じてお湯を感じる。浴槽から出るとそのまま脱衣所へ。名湯と出会うと私は体を洗わずそのまま着替える。勿体無いからだ。その日の夜は疲れが出て早めの睡眠。私が選ぶ名湯に飛び込んできた。カルルス温泉の鈴木旅館。興味が有ったら行って欲しい。名湯で有る。