author.php

東京の桜はもう色落ちだ。

おはようございます。ついに私の通うアイスホッケーも自粛の為に中止。どうなってしまうのか。ゴールが全く読めません。電車だバスだ飛行機だと動いていたので、050号発送までは感染しないでと祈っておりました。もうどうなろうと私は大丈夫。国立市は桜が数多く咲いてます。例年なら桜祭りで大賑わい。でも今年は自粛だとか。北国の皆さんに桜をお届け致します。

夜桜なのでピンボケはお許しを。風が強くて被写体が動く。東京は大雪警報が。何が何だか大変です。スーパーの棚から食材が消えています。ネットで買えばと思うでしょうが、団塊の世代から上の方々が買いだめです。彼らはほぼネットと無縁の生活。彼らはオイルショックを経験しているのでトラウマなんでしょう。集団心理ってこうなんだと改めて感じます。私はなるようになると考えるタイプ。日々のパターンは変えません。本屋で大人買いしたので読書三昧の日々とします。コロナウイルスよ頼むから消えてくれ。私はアイスホッケーがしたいのだ。

4月11日土曜日のキャンプ日和は。

おはようございます。キャンプ日和4月11日土曜日は清里で開催します。キャンプ場は清里丘の上公園オートキャンプ場。電源無しのオートキャンプサイト。70〜77のサイトがお風呂に近い。私は70サイトを予約しました。お近くに各自予約をお願いします。電話だと繋がらないのでネット予約がいいですよ。

まだまだ焚き火のシーズン。薪をお持ちの方はご面倒でもお願いします。当日は昼過ぎに現地到着予定。風呂に入りサッパリして、参加者をお待ちしております。私はアボカド料理に特化しようと考えております。では当日お会いしましょう。サイトの予約が終わったらメールで教えてね。

ネット環境を改めて考えた。

おはようございます。実家のインターネット環境を解約。二ヶ月に数日しか居ない私。お袋には必要無いし。キャンプ場で使っているモバイルでいいや。と考えたら大変でした。今回はiPadだけを持って実家帰り。何が大変かと言うとブログのアップで。とにかくWi-Fiのスピードが遅い。レンタルしているNTTに何かアイディアが無いかと聞きたくて、昼間電話しても繋がらない。それほどのストレスを抱えて呆れる始末。昨日はレンタカーを返却して飛行場に入り、無料Wi-Fiを使った瞬間は飛行場に住もうかと考えてしまった。温泉は有るし映画館は有るしネット環境が素晴らしい。持ち運びで最速で使えるモバイル情報有りました教えてください。さて、二ヶ月ぶりの散髪で訪れた真狩村が雪が異常に少ない。こりゃ大変だ。

道路と歩道は除雪しているのは理解します。でもこんな風景は異常です。本来はメートル単位で積雪する地域ですよ。隣はあのニセコですよ。こんな気象が数年続けばニセコのバブルは終わります。温度が数度上がればパウダースノーは望めませんからね。廃墟と化したニセコの外国人街が私には想像出来ます。怖い怖い。

真狩村ライフ旦那のカットは相変わらずお上手。二ヶ月に一度の散髪は続けます。東京に居るときは馴染みの床屋で仕上げます。最低月に一度は散髪しないと嫌な私。理想は20日で散髪です。美味しいカフェオレを飲みながら、散髪後は旦那と世間話。これも必要な時間なのです。雪秩父に行く時間は無かったので、5月に来たときは必ず行くと誓った私なので有りました。自宅の勉強部屋の窓を開けると満開の桜が観えます。狭い日本なのに各地の温度差は有りますね。

正しい個人売買。

おはようございます。セカンド売ります。とLRL誌とブログで紹介。読者が試乗の為に名古屋から北海道に訪問。私のスケジュールに合わせ飛行場で待ち合わせ。初めてのランドローバー購入となる。実はLRL誌の30%はランドローバーオーナーでは無い。購入検討中の方が多いのだ。彼の欲しいランドローバーはセカンド。現車を観て運転し確認してはと勧めた。正しいランドローバー中古車の購入方法だと私は考える。

納得するまで観て運転をと伝え、私は発送準備のために早々に現場を離れる。買う側も売る側もお互いに納得するのが個人売買。私が何も言える立場では無いのだ。数時間後両者からお礼のメールが届く。成立したようだ。私は出会いの場を提供するだけ。だからと言って度々このようなケースは無理かな。数年前にセカンドを紹介した流れが有ったから。ランドローバー購入は、誌面のセレクションで検討してくださいね。

祝050号だ。

おはようございます。祝050号。8年掛けて辿り着きました。感慨深いのが本音で有ります。正直山有り谷有り。人生と同じですね。050号は折り返し記念号となります。残り50冊。8年掛けて100号完結を目指します。応援ありがとうございました。引き続きの応援よろしくお願いします。

発送完了後に大好きな壮瞥町の温泉に。今朝は2時起床で発送準備。長湯でフラフラになる事でしょう。40年の編集者人生で辿り着いた答えは、何事も続ける事が美学と理解しました。美学を完結する為に牛歩で前進致します。