author.php

人生初の錆問題。

本州では次々と梅雨入り。嫌な季節がやって来ましたね。北海道は毎日快晴が続いて暑い。北海道は梅雨には縁が無かったが、最近は梅雨らしい天気も増えてきた。本来はこの季節はまだ暑くは無いが異常気象なのだろう。昼間は暑いが朝晩は冷える。緊張感を持った生活で過ごさないと風邪を引く。6月20日から取材を考えているが天気が悪いと撮影が難しい。天気次第では長期滞在も覚悟しなければ。梅雨明けは7月なので長期戦だな。


クラシックは車検でお預け中。代車はあるが積極的には乗らない。今週中には戻ると聞いているので我慢の日々。近々に元色での塗装を思案中。特にボンネットのクリアーが無い状態。まっ全体的に色が薄くなっている。それより潮風での錆が真剣にヤバイ状態。そして冬場の塩カリはもっとヤバイ。このまま伊達に置いておくと錆でボロボロになる。このクルマは娘にバトンを渡すと決めている。錆ごときで腐らす訳にはいかないのだ。ローターは勿論すぐ錆る。マフラーエンドも錆だらけ。国立で保管するかな。色々と考えている私なのだ。岡田くんのディスカバリーが錆で苦しんでいる。人ごとでは無い。切実な悩みなのである。海まで50メートルは近過ぎます。人生初の錆問題に直面してしまった。

体感しなければ後悔する事もあります。

なかなか難しいが自分のクルマを理解するためには乗り比べをお勧めする。そんな機会は無いと言われそうだが、タイミングが合えば実現するのだ。出来れば同じエンジンで同年代が望ましい。そして近い走行距離だと尚ベストとなる。先日の日本を走ろう北海道編では、ディフェンダーTd5距離と年式が近い二人のオーナーが乗り比べ。お互いに思う事が数多くあったようだ。こんなもんだと思っていたことが違ったり。これは変だと解ったり。出会いの場を提供してきた私だが、これから先は積極的に行うか思案中。なにせ両耳の調子が今一つ。病院に行くのも面倒だし。この状態で付き合っていくかと考えている。僅かな違いだが乗ると解るエンジンが有る。

クラシックバンデンプラス4.2エンジン。

クラシック3.9エンジン。この二台はたかだか300ccしか開きが無い。しかしだ中央高速の長い上り坂を運転すると体感出来る。私にください300ccと叫んでしまう。これも乗り比べないと解らない。知らずに死ぬか。知って理解するか。そんな理由で私は数多くのランドローバーを買い換えて所有してしまったのだ。現時点で人生に悔い無し。トータルバラスでクラシック3.9エンジンに辿り着いた。3.9エンジンと4.2エンジンの行き来で7台か8台。正しい台数を忘れる始末。人間ボケる前に色々と体感する事をお勧め致します。Tdi・Td5・TDCiの違いだって運転しなければ解りません。MTとATだって解りません。企画でやるかな大試乗会を。興味ありますか。

道民とセイコーマートの絆とは。

北海道に滞在しているとセイコーマートの有り難みが薄れる。以前にも書いたが道民は極力高速道路は使わ無い。目的地まで距離優先で考える。自ずと田舎道となる。それはほぼ山道なのだ。人によっては信号の数少ない道を探す。峠越えなんか当たり前。集落が突然現れる。集落ごとにセイコーマートが有る訳では無い。そんな事をしていたらセイコーマートのビジネスは成立しない。でもこんな田舎と考える場所を通過すると3割は存在する。勿論スーパーは存在しないから地域住民のオアシスとなる。そして通過するドライバーの休憩場所。道民とセイコーマートは太い絆で繋がっているのだ。田舎に全国区のコンビニは皆無。大手は損得勘定で出店を決める。セイコーマートはトータルで考えている。この違い。そして以外と直営店が多い。私はセイコーマートの社員でもないし、セイコーマート出店を考えている訳でも無い。


私の知らない丼があったので食す。壮瞥のセイコーマートで買い北の湖記念館敷地のベンチに座る。ハヤシの味が好きな私。卵焼きがハヤシソースを包み豚肉が柔らかくて美味。セイコーマート好きでも毎日は通わない。カツ丼だって一ヶ月は食べてない。しかしコンビニと言えばセイコーマート。セイコーマートは私を裏切らない。好きですセイコーマート。連絡来ないかなセイコーマートから。

継続は力なり。私には無縁の言葉なのに。

東京から離れて40日。そろそろ東京が恋しい。伊達は自宅ではなく実家。私の家なのだが生まれた場所では無い。そもそも田舎暮らしが出来ないタイプ。都会を歩いて散策するのが大好き。自然に浸るのは年に数回あれば満タンとなる。料理するよりもデリカを購入。理想は王様のポケットのテイクアウトを毎日食べたい。東京に帰る飛行機チケットは今月18日。それまで私の気持ちが折れないか心配なのだ。尾骶骨は痛いしな。さてクラシックの車検切れが近づいてきた。どこに入庫するか迷っている。ユーザー車検も考えたがランドローバー業界人の顔が浮かび止めた。認証工場と非認証工場。パーツ持ち込みとお任せコース。北海道はパーツ持ち込みが多いようだ。パーツ持ち込みはちょっと面倒かな。知り合い多いのだからパーツを入手すればと声が聞こえるが、過去パーツの個人輸入はしたことが無い。理由は間違えたら面倒なので。現物を観て物を買わ無いと信じないタイプなのだ。時間とお金が有れば英国まで買いに行く人間なのだ。そうだ最近ターボライターが10回カチカチと押すと着火するようになった。


10回には納得していない。しかし目の前に有ると使いたくなる。ジッボは一発で着火。でも気持ちがジッポでは無いのだ。人間の移り変わりは本能。本能を抑える事は出来ません。そんな事はいいのだ。今日こそ車検入庫を決めて連絡しなければ間に合わなくなる。なんて考えている私なのだ。どうしていつもギリギリまで動か無いのだろう。性格ですね。死ぬまで変わら無い男なのだ。朝5時30分からブログを書き始め3回内容を変更。毎日ブログを書くのも実は大変なのです。6年間ちょっと書いているのか毎日。我ながら頑張ってます。

変わらないイギリスの凄さを映画で確認。

尾骶骨打撲なかなか完治しません。フクラハギは完治。遊びに来た岡田くんに簡単には治りませんと言われる。確かに治りません。椅子に座るにも色々と位置変え。体重が加わると痛いし。早く完治してくれと祈るばかり。さて現在レンタル映画観賞中。必ず探すのが観てないイギリス映画。しかし以外と少ない。見つかるとガッツポーズ。久しぶりのイギリス映画のご紹介。BBCフィルム制作なので期待が膨らむ。


1940年代のお話です。当時の映画制作はお国が制作。色々と思惑が有る訳で。採用された女性には才能があった。当時の景色も生活様式も今とそんなに変わらない。食べているものも変わらない。服装だってちょっと違う位。走っているクルマは相当違うが当時のクルマはイベントに行けば観れますし。そう考えるとイギリスは70年前から日本人には考えられない生活様式だった。そしてそのスタイルがそんなに今と変わらない。凄いのか頑固なのか混乱してしまいます。ただ男女のヘビースモーカーには驚きます。ご覧あれ。