author.php

暑いぞ東京。

久しぶりと言っても23日ぶりの東京である。千歳空港は大混雑。夏休みと土曜日とで人だらけ。しかし私は穴場を知っています。荷物を預けると必ず長時間滞在する場所がある。タバコも吸えるし居心地がいい。2階の出発フロアーのセンター広場(正式名称は解らない)そこからエスカレーでツーフロア上がり、エスカレーター真正面にある茶店。正式名称は気にしてないので解らない。奥に分煙で部屋があり喫煙可能。手前は禁煙スペース。必ず2時間は滞在します。本を読んでタバコを吸って幸せなのだ。コーヒーはイマイチだが大好きなスペース。混雑してません。普通の人は4階まで来ませんからね。


コーヒー&スコーンを頂きました。あっPRONTOだったのか。コーヒーカップに書いてますね。年に6回は立ち寄る場所です。今回も耳にエアー抜き入れて対処は万全でした。そして羽田から外に出てバス待ちで立ち眩み。湿度が高過ぎです。今朝の伊達は雨で14度。短パン&Tシャツでは風邪引きです。飛行場までのバス車内で婆さんが運転手に寒いからエアコン切れと。同じ日本なのに温度差がありますね。7日はコラムでお馴染みのマック木下さんが日本に居るので、マック木下さんリクエストの七福神ロケハン。私が暑さで倒れないように注意しなくちゃ。

強行撮影決行する。

東京に戻る前にどうしても大好きな温泉のお湯を紹介したいと考えていた。しかし今は夏休み。学生が沢山入浴中なのです。風呂にカメラはご法度。湯船に入りながらアレコレ考えていると湯当たりです。着替えた私は扉を開けて強行撮影決行。浴槽の片隅を撮影しました。まさに変なオジさんです。


とても全体は撮影できません。お客様が大勢入浴中。間違って体が映ると大問題となります。どこのお湯と書くと問題になります。そうです私が大好きなあの日帰り温泉。このお湯に浸かると幸せになります。しかし長風呂は温泉成分が強すぎて湯当たりの原因に。人生一度はこのお湯にお入りください。あ〜紹介できた。これでストレス無く東京に戻れます。今は日本一のお湯だと信じてますが。温泉旅もまだまだ続きます。

猛暑でお疲れ様です。

皆さん全国各地猛暑で疲れが溜まっていることでしょう。北海道に滞在しているので猛暑からは遠ざかっております。少しでも自然の涼しさを表現できないかと思いある場所に向かった。そこはオロフレ峠。伊達で22度位かな。22度でも十分過ごしやすい。頂上まで行けばもっと気温は下がる。今のオロフレ峠は自転車愛好家が上ってます。自転車愛好家の原点は上りですから。そんな彼らを眺めて懐かしむ私なのです。一時は自転車に狂いました。今は無理だオロフレ峠は上れないな。


外気温度が17度。伊達からクルマで30分走ればオロフレ峠。そうか蒸し暑くなったら標高なのだ。一年中17度なら過ごしやすい。東京で外気温度17度って秋か。まだ8月だからこれから本格的な夏か。あ〜憂鬱です。


外は天気が悪くガスってます。あの絶景は見えません。この角度で眺めるセカンドってカッコイイな。イイ感じですよね。でもタイヤノイズ音が気になります。一般道走行にはこのタイヤは相応しくない。東京に置いてあるタイヤを運ぶか悩みますが。明日猛暑の東京に戻ります。

コノリーレザーを大切に。

クラシックレンジローバー前期モデルのシートに使われていたコノリーレザー。リアシートの傷みはさほど確認できないが、運転席の傷みは各車確認出来る。リペアという方法も有るが日頃からのメンテナンスを心掛けよう。コノリーレザーのコノリーとはブランド名。コノリー社が扱っていたレザーだからコノリーレザー。エルメス社のエルメスレザーと認識は同じだ。しかしコノリー社は今や存在しない。クラシックレンジローバー発売当時のレザーと、身売りした当時のコノリー社ではレザーの風合いが全く違う。10年位前にコノリーレザーを再現しようと考えレザー屋さんと色々と取り組んだが無理だった。コピーは所詮コピーなのだ。


クラシックレンジローバーのシートレザーは全て一緒と考えてはダメ。後期モデルから大幅なコストダウン。前期モデルは写真のようなオプションも存在した。ピクニックテーブルに保冷庫。保冷庫なのだ。冷蔵庫では無く保冷庫とは時代を感じさせる。バンプラは運転するクルマでは無く、オーナーがリアシートで寛ぐクルマ。運転手は白手袋着用をお忘れ無く。だから私はバンプラは所有しない。自分で運転したいのでね。ランドローバー社が新型モデルを発表。レンジローバーは永遠にモデルは1つだと考える。各時代毎に発表され進化をして来た。消費者を惑わす新型モデル発表を繰り返すと、本来のランドローバーファンは落胆するのでは。ビジネスだと言われてしまうと返す言葉が見つからない。消費者は乗りたいクルマに乗り続ける。ただそれだけなのだから。

救急隊の現場に感動した私です。

南会津の消防士は私のファションを真似る。止めろと言っても買ってしまう。オヤジのファッションなので派手。若者が真似ると世間から浮いてしまう。買いましたメールが次から次と届く。改めて写真を観ると派手だな。これは若者ファッションでは無いぞ。


柄違いで4枚持っている私。実は今も着用。こんなパンツを着用して伊達をウォーキングしているのだから不審者か。


靴まで真似てる消防士。そしてセールで激安だったとか。ラッキー過ぎませんか皆さん。実は先日墓参りでお参りに来てくれた方が転倒。顔面を打ち血だらけに。83歳のお爺ちゃん。足元がフラつき歩けない。すぐに救急車を呼ぶ。救急隊の適切な対応を初めて目の前で確認。その後救急病院へ運んでもらった。念のために検査入院。その後問題は無いと連絡が来た。南会津の消防士もこうやって日々働いているのかと思うとちょっと感動した。なかなか救急隊とは出会え無いし出会わないほうがいい。でも彼らが居るから我々の生活は安心出来る。頑張れよ南会津の消防士。地域の皆さんのために働くのだぞ。真似は許すとするかな。でも靴紐は変えなさい。ちょっと地味だから。