author.php

現行モデルを試乗します。

ランドローバーで所有したクルマは2008年式レンジローバーで停止している。それ以降のランドローバーは所有してない私。クルマを語る権利は所有しオーナーになる事だと私は考える。そんな理由でモータージャーナリストのインプレは信用しない。ちょっと借りてちょっと試乗しても本質を理解出来るとは思えない。最新ランドローバー試乗から離れていた私。旧車ランドローバーの良し悪しはすぐに答えられる。しかし現行車の試乗は極端に少ないのが現状。現行車を購入するのは困難。これではバランスが悪いと考え現行モデルを試乗した。クラシックレンジローバーでの行き帰りなので、最新レンジローバー試乗後は笑ってしまった。理想の所有車はクラシックレンジローバー&最新レンジローバーか。こりゃ大変だ映画鑑賞している場合では無いな。


まずはレンジローバーから試乗する。これ以上の何を求めるのか。全てのバランスが良い。全長5メートル超えが気にならない。このまま北海道まで走って帰りたくなる。シートの固さとホールド感が素晴らしい。値段を確認し改めて驚く。差別化を考えると今の価格設定は適正価格なのだろう。誰でも買えるレンジローバーは間違い。買える人しかレンジローバーを堪能する権利は無い。しかし一台だけ所有する権利が与えられたら間違い無くこのクルマを選ぶな。


続いてレンジローバースポーツ。勿論素晴らしいランドローバーである。しかしレンジローバー好きとしてはスポーツは別のクルマと考えてしまう。スピードより安心感を重要視する私なのだ。デザイン的にもスポーツって柄では無い。試乗は悪天候を選ぶべし。こんな日になんてレベルがいいのだ。大雨とか強風とか大雪なんて最高のロケーション。ランドローバーのポテンシャルは悪天候が解りやすい。ディーラー担当者は驚くであろう。でも優秀な営業マンは理解します。レンジローバーは豪雨でも安全に貴方を運んでくれますから。明日はディーゼルエンジンのディスカバリーを語ります。

旧車ランドローバーとの付き合い方とは。

過去のLRL誌を全てチェックすると、これはディフェンダー専門誌だ。しかし私のマイカーはクラシックレンジにセカンドレンジ。ちょっと矛盾を感じております。ランドローバー専門誌を作り始めて20年以上。ランドローバーオーナーは自分のクルマ情報を知りたい。これは本音なのだ。ランドローバー専門誌を作って苦しむ事は車種の選定。ディスカバリー3のオーナーは3の情報が欲しい。ディスカバリー1のオーナーは1の情報が。そしてV8なのかディーゼルエンジンなのか。私が読者ならクラシックレンジとセカンドレンジの情報を求める。さてどうするか考えてしまいます。しかしこの問題は編集者の宿命なのです。新車を追い掛けたら新車紹介誌になってしまいます。


バランスのとれた紙面だ。そんな事は理解してますよ。やっとクラシックのバッテリーを復活させた。一ヶ月ぶりにエンジン始動。元気にエンジン音を響かせる。燃料補給に走らせる。室内はムンムン状態。窓を全開で空気の入れ替えです。クラシック前期タイプだと冷風は頼りない。外気温度に合わせ冷風を使い過ぎるとキャパ超えで壊れます。そんな気を使うクルマなんです。1993年式を忘れ無い。これが面倒だと思う方は新車のランドローバー購入をお勧めします。300Tdiのディフェンダーだって同じ事です。状況判断を怠るとクルマがギブアップ。手間を手間だと感じる人は旧車ランドローバーはお止めなさい。新車ランドローバーは時代に即した運転を与えてくれますよ。

暑さと英国話で脱水状態。

台風が関東に近づいている7日に八王子七福神巡りのロケハン敢行。LRL誌コラムでお馴染みのマック木下氏が帰国。リクエストを聞き猛暑の中を歩きました。正直湿度の高さに驚きです。こんなに大量の汗が出たのは久しぶり。フラフラになりながら歩きます。木下氏との会話は英国話が中心。英国繋がりでマック木下氏と出会いました。GB誌再発行の猛プッシュに私はフラフラです。暑さと英国話で脱水状態となりました。


木下氏もフラフラです。西八王子駅を出発し始めての地を歩きます。58歳の木下氏。高校野球観戦が趣味だそうですよ。英国とは関係有りません。奥様が英国人。英国にご自宅があります。今は奥様の仕事の関係でアジア圏に住んでます。住むなら英国か日本だって。英国に行きたい。英国に住みたい。でも飛行機に乗りたく無い。船は時間が・・・。陸も時間が・・・。


オジさん達には解りませんがこんなお寺も含まれます。雪駄オジさんも歩きました。アニメ寺?詳細は本番で聞きますか。


私はお腹に触れてニヤニヤです。八王子七福神巡りの本番は9月9日土曜日。JR西八王子駅改札口前に13時集合。約10kmの歩きとなります。本番当日は暑いか涼しいか。100%暑いでしょうね。ご参加お待ちしております。メールでお申込みお忘れなく。今日の東京は今年最高温度と予想。体温より暑いのか。外出は控えようと考えていたら打ち合わせが。クラシックでお出掛けです。人間よりクルマが心配です。

ディーゼルエンジンだからディフェンダーなのか?

最近はディフェンダー中古車を買いたい人が多い。私の読者は中高年がメイン。最後のマイカーとしてディフェンダーをと願っている。数年前なら希望に叶う中古車を探す事が出来た。皆さんの希望価格は400〜450万。決して安い金額では無い。でも現状450万予算では極上車は買えない。Td5は正規モデルでディーラーで販売。500万前後で新車が買えた。300Tdiだって500万前後で並行新車が当時は買えた。今は2017年。最終Td5&300Tdi新車販売から既に15年は経った。人気が有るからと言われても、15年落ちの中古車が450万予算で探してもなかなか見つからない。適正価格とは何であろうか。乗りたいクルマに乗りなさいと私は考える。しかし納得してクルマは買って欲しい。確かに魅力的なクルマでは有る。TDCi新車だと倍の900万。買いたい買えるは個人差が重要問題。まして中古車は購入後に整備費用が必ず必要となる。ある程度の納車整備は行うが、400〜450万ではレストア車を販売するのでは無い。購入後に消耗パーツ交換は宿命なのだ。


確かにディーゼルエンジンのディフェンダーは燃費は良い。でも同士中高年よ年間何キロ走りますか。何名乗車で運転しますか。私なら90V8ATをお勧めします。ランドローバー社が魂込めて作った名車ですよ。ランドローバーシリーズ1〜3までのメインエンジンはディーゼルエンジンでは有りませんよ。購入後の整備費用込み希望価格で買えるのです。皆さんはディフェンダーはディーゼルエンジンだと勝手に思い込んでいる。それは間違った解釈です。90V8AT中古車相場も高めですが、まだ適正価格に近いと私は考えます。普段乗りが2名乗車が多い方は絶対90V8ATが買いだと私は宣言します。冷静に考え判断してください。それでも110ディーゼルエンジンが欲しいと思えば突き進みましょう。

映画ベートーベンを観て涙する。

皆さんはレンタルDVDをどれだけ利用されているか。私は半端無い枚数を借りてます。特に伊達滞在中は特に凄い。伊達滞在の目的は原稿書きと最新号の発送。そしてお袋と会う。これだと時間が豊富に有ります。今回は20本の映画鑑賞。今回は新作が多かった。観たいのに観れなかった。9月に行ったらガンガン観る予定です。特に嬉しかった新作が有りました。1作目から観ています。今回が6作目。この映画を鑑賞して一人涙しております。それはベートーベン。


笑ましたね。笑っていいのです。理由があるのですから。長女が産まれる前ですから30年以上前になります。当時子供が居なかった私は長年の夢だったセントバーナードの子犬を購入。子供時代から犬と寝起きしていた私は犬が欲しかった。犬を飼うために千葉県の一軒家にお引越し。アメリカチャンピオンの子犬をアメリカから購入しました。その容姿が映画ベートーベン1作目から続くセントバーナードと同じなのです。まっ血統ですね。この子を観る度に思い出します。我が愛犬はクーパー。どこかで聞いた名前です。そうですミニクーパーのクーパー。我が家にやってきて5年後に骨肉腫になり亡くなりました。そんな悲しい思い出があるのでそれ以降妻は犬を飼うことを許しません。6作目ということは人気がある映画なのでしょう。セントバーナード好き以外の人が観る価値あるのかは解りませんが。続いての映画は。


ケビンコスナー主演のクリミナル。ボディガードのイメージが強すぎて。音楽が未だに頭の中を流れます。なぜかケビンコスナーの映画は観てしまいます。内容的にはイマイチですがランドローバーが登場するから許すか。そんな程度のレベルかな。でも映画は観なくては好き嫌いは言えません。レンタル200円なのですら観ましょうね。本当に映画っていいな。お金の有る人は映画館で観ましょう。