懐かしい場所に行く。

Pocket

打ち合わせで指定された場所が懐かしい地であった。目的地は有楽町線の江戸川橋駅。実はココに10年位事務所を構えていた。LRM誌スタートの地なのである。

この地を選んだ理由がある。印刷所が近いのだ。当時の印刷はあの大日本印刷。まだデジタル印刷前だったので行程における印刷の時間が重要だった。

30代の私は体力も有り全国を走り回っていた。原点に戻り色々な思いが込み上げてきたのだ。

このビルの部屋から全ては始まった。

数年後には手狭になりこのビルに移転。歩道で撮影もしていた。こんな近くに打ち合わせに来るなんて。偶然とは驚きである。帰りは懐かしくて歩いて信濃町まで。偶然と運命が重なりジョンブル企画の次の企画の場所探しに目処が。第一回目が重要なので全てが納得出来る必要があったのだ。そして私が誌面で紹介したかった物まで見つかった。またこの地に来るのかと思うと運命を感じる一日であった。

コメントは停止中です。