コットン100%おしぼりとは。

おはようございます。私の生活に無くては困る。それはコットン100%おしぼり。私を知る人は一度は目にしている。使い始めて何年のレベルでは無い。若かりし頃は新陳代謝も激しく脂性。年齢と共に油分が欠乏。出会った頃は一箱800本を一年で消費。年々と消費スピードが減速。発注の間隔が空いてきた。手元に無いと不安になる。夏場の取材終わりには必要アイテム。元来は介護用なのだろう。身体を拭くのに使うのか。キャンプに行き寝起きは顔も拭く。私の鞄&リュックに必ず入っている。

コレだけは無いと私は生きられない。久しぶりに発注した。先方も懐かしんでくれた。調べると3年振りだ。受け取り場所が北海道なので説明する始末。単価が値上がりしたとか。北海道は送料が有料。でも私が生きるためには必要なのだ。大袈裟だと思われても構わない。コレに出会うまでに、どれだけのウェットティシュを試したことか。私は納得するまで探すタイプ。拘りのレベルは超越している。果たして800本を使い切るのに今度は何年掛かるのか。でも年老いても生きている間は使い続けるだろうな。コットン100%おしぼりに出会えて私は幸せだ。愛用のリュックに補充も完了した。これで一安心だ。

 

次の記事

工場の匂いが好きだ。