LRL100号目指して思うこと。

昨日の伊達は暑かった。多分30度近くあったのであろう。お袋は窓を開ける習慣が無い。なので私が窓を開けろと叫ぶ。風通しを考えないと。木村家にはエアコンは無い。多分木村家の周りの家にもエアコンは無い。年寄りは何故か窓を開けない。空気が澱む。室内温度も上がる。いい事は何も無い。猛暑では無いが北海道にも暑さが押し寄せたのだ。クラシックが完治しない。乗れないと困りはしないが寂しい。私が素人意見を言うのは失礼なので工場には行ってない。しかし気にはなる。室蘭の住職から借りているクルマも有るしな。


年明けに62歳になる。ランドローバー人生の終焉を72歳と決めている。そうLRL100号でと決めている。年々印刷物の発行は難しくなる。LRLも当初スタート号よりページは減った。続けるうえで4色ページが1ページに変わったり、紙の厚さが薄くなったり、またページが減ったりするかもしれない。しかし私はLRL100号を目指す。何があろうと印刷物で編集者人生を終えたい。毎月私が知っている雑誌が終わっていく。出版社が消えていく。そんな時代だと認識していても印刷物に拘りたい。インクの香りを確認したい。紙の手触りを確認したい。時代遅れと言われてもいい。印刷物で編集者人生を完結するぞ。040号を発送し改めて誓う私なのだ。100号まで60冊。10年掛かります。折り返し地点まで10冊か。頑張るぞ!!