真摯な対応こそ安心。安心はご自身の選択です。

恒例の中部取材に来ている。クルマが無いので電車移動。昨日起きたらうつ伏せの読書の影響か腰が痛い。これはマズいと重たい三脚は置いてきた。もしかして元気なレンジローバーに会えるかな、なんて勝手に想像していました本音はね。運転がした〜いのです私は。でも現状を聞いて納得です。偶然発見した症状でヘッドを開けます。どうやら水に微小のオイルの形跡。現状でも半年は運転出来るかもしれない。しかし大惨事になります。ならばヘッドを開けて整備しようとプログレスの結論。手間も掛かるし大変です。でもプログレスは整備を選んでくれました。当たり前のようですが、普通は何かが起きてから行動します。現在工場は大混雑。年明けから作業がスタートとなりました。私は納得です。ランドローバー専門店。この意味を十分理解する機会となりました。私と付き合っているランドローバー専門店は全て当たり前のように真摯に整備を行ってます。私のランドローバーだからの対応では有りませんよ。


室内に積んでいたブーツを持ち帰ります。寒くて足下が冷えるので。元気になってよと語り掛けます。24年経っていれば色々と起こります。こんな事で嫌いになりません。今まで以上に愛おしくなっております。1月は北海道なので再会は2月になりそうです。四日市は暑かった。冬用タイヤに交換するのかと聞くと無いとのこと。雪は降らない地域らしい。狭い日本だと思っているが日本も広いな。北海道や東北は大雪なのに。本音は言えば雪が無いのは幸せですよ。雪対策は大変ですから。たまに観るから雪も素敵なのですから。