20km歩けば爆睡です。

久しぶりに20km歩きました。爆睡です。青梅駅スタート。初めての青梅は不思議な空間でした。駅から離れると大自然。しかし走っているバスは都バス。そうです青梅は東京都。近場で大自然に触れられると改めて感じてしまいます。


青梅から乗り換えて多くの人々が奥多摩に向かいます。行きも帰りも電車内は満員です。平日は空いているのでしょうが、週末は自然を求めて人々は移動するのでしょう。駅から離れた不便な場所にも人家はあります。何でと考える私が間違っている。住みたい暮らしたいからなのでしょう。東京は懐の深い場所なのだと体感しました。


最後のお寺に着いた時は雨。17時前には到着です。何でこんなに離れているのと思いながら私は歩きました。人里離れた山寺かと思っていたら集落が。青梅駅までは公共交通機関はバスしかありません。雨に濡れながら歩いているとジョキングしている人が何人も居ます。私は走れないので歩きます。久しぶりの20km歩き。歩ける幸せに感謝しながら、もっともっと歩かねばと誓った青梅七福神でありました。