出会いを求めて本屋通い。

本が無くては生きていけない。なんて言ってみたいが無いと困るのが本音。寝る前は必ず布団で読まないと寝れない。うつ伏せで読むから絶対に腰に悪い。でも習慣として何十年も繰り返していると読みやすい体制なのだ。ただ何度か入院の経験は有るが、ベッドの背中が立ち上がると読みやすかったな。介護ベッドですね。いつか介護される前に、本を読むために介護ベッドを使うのも悪くないか。最近読み終わった数冊が良かったので紹介します。


高倉健好きなので内容云々とは別に義務で買ってしまった。


タイトルに興味を持ち買った本。堂場瞬一さんはハズレが少ない。


これもタイトルで買った本だが読み応え有ります。面白かった。一気に読めます。最近は大好きなノンフィクション本が少ないので、しょうがなく色々なジャンルを読んでいる。でも今読んでいる「大学病院の奈落」はノンフィクションなのだが、なかなかページが進みません。苦しくても読み終えないと次の本を買わないと決めている。なかなかツボにハマる本とは出会えません。