凍結した一般道ではローレンジを使いましょう。

中頓別のファイヤーマンが休みを利用して伊達に遊びに来た。私よりお袋と仲良し。私が不在でも泊まっていく間柄。8時間掛けてのドライブである。これは高速道路を使わない時間。でも道民は高速道路を使わない人が多い。理由は余り時間が変わらない。そして冬場の高速道路は通行止めが多いのだ。登別温泉のさぎり湯に行く事にした。

雪道が滑って怖いと言うのでローレンジ走行を勧める。50km以下の運転はお試し有れ。エンジン音は煩いのでご理解を。安定した運転になります。一般道の雪道なら40km走行で十分。たまに凄いスピードで走っている人を見掛けますが自殺行為ですから真似しないように。

登別温泉の駐車場には見慣れたトラックが。平日の昼間ですから運命の出会い。風呂場には大男の影が。はい齋藤さんで間違い有りません。ファイヤーマンとの再会を喜んでおりました。道民は風呂好きなんです。

齋藤さんと別れ洞爺湖で美味しい珈琲を飲む事に。ファイヤーマンのスマホでナビ設定するとオロフレ峠を通って洞爺湖へと導きます。オロフレ峠は風が強くて通行止め。何度設定してもゲート入口へ誘導します。ファイヤーマン頼むから普通のナビを買って頂戴ね。幌別で迷子になり伊達経由で洞爺湖へ。私もファイヤーマンもこの辺の地理に疎いのです。

洞爺湖は既に16時過ぎに。果たして珈琲屋さんは営業しているのか。地域によって路面が乾いていたり氷っていたり。ローレンジに入れたり戻したりと繰り返すのでなかなか前に進みません。そしてファイヤーマンは正しい公務員なので法定速度厳守。私は免許証を持って来なかったので運転は出来ません。現着時には営業終了で帰る寸前。営業再開で珈琲二杯を楽しみました。帰路は滑る怖いと叫ぶファイヤーマンの横で踏めと叫ぶ私でありました。またローレンジを使ってなかったファイヤー号でありました。疲れ切った教官はフラフラです。

オイルは入ってるな。

突然のオイル漏れでバタバタした。翌日の朝に症状を確認。

氷点下で冷えてエアサスは勿論下がったまま。地面を覗くとオイル漏れが観られない。無いのだオイルの痕跡が。不思議だ。

エンジン始動。タップリ注入したオイルは減る事無く残っている。ティッシュは絵的に頂けない。失礼致しました。娘から荷物を運んで欲しいので早く帰ってこいとメールが入る。そろそろ暖かい東京に戻らなければな。

サイドステップを取る。

前から気になっていたサイドステップ。絵的に好きでは無い。取ろう取ろうと考えていたその日にオイル漏れ。しかし予定は変えません。福眞くんの工場片隅で脱着です。私には思い描くイメージが有るので。

狭い場所での作業ありがとうございます。どうしても私が撮る側なのでお許しください。

長年ご苦労様でした。しかし好きになれない純正ステップなのです。

スッキリしました。しかし何かを考えております私は。続く。

突然のオイルお漏らし。

開店に飛び込んだ伊達温泉。朝風呂は最高なんて思いながら冷えた身体を温める。午前中に室蘭の住職を訪ねる。天気は雪&雨が繰り返す。道路はグショグショ。これが冷えて氷ったら大事だ。寺に到着しチャイムを押す。伊達の木村で〜す。すっかり道民気分なのである。颯爽と現れる住職は仕事着。木村さんオイル漏れてますよ。駐車スペースには大量のオイルが広がっているのだ。まるでウルトラQのタイトルバックのように。私の頭の中はあの音楽が流れている。ガ〜ン〜。

これは可愛い後。まだまだ大量のオイルが。オイルゲージを確認するとちょこっとだけ残りが。外気温氷点下だというのに冷や汗が流れる。ヤバかったギリギリだ。セカンド君が天国に召される一歩手前だった。何故に突然。伊達も積雪なので漏れていれば後が残る。しかし後は無かった。エンジン全体がオイル漏れで染みているのは理解していた。これは警告なのだ。住職に手持ちのオイルを頂き注入。さてどうするか。

さすが冷静沈着な住職が、木村さん写真写真で気が付く私。そうだブログネタだ。仕事着でオイルを注ぐ住職が絵になります。工場に行ったほうがいいですよと住職。しかし何処の工場へ。ガレージ橋本さんに行けば。先日、齋藤さんに連れて行ってもらった工場なのだ。室蘭では外車の駆け込み寺と言われているらしい。名刺を貰ったな。でも場所がイマイチ理解していない。住職も場所は解らないとか。電話をしても不在である。果たしてクルマが辿り着けるのか。なんとなくこの辺りだろうと考え行くが完全に迷子。道路に停車して名刺の携帯に電話。すると繋がり会話をすると後ろに居ます。運命だ。助かった。

工場内で色々チャックした結果が、漏れたオイルが溜まっていてまき散らした。今は漏れてないと診断。オイルを積んで走るか。日々のオイルチェックだな。ラジエター漏れとオイル漏れとエアサスの症状を背負いネタが増えたと内心喜ぶ私は間違い無く変態なのであろう。走行距離19万キロで次々と病が発症。今年は整備の年になりそうですな。続く。

四方山話。

伊達と室蘭を行き来していると、我が愛すべきセイコーマートを見掛けると安心する。地元なのだから数は多い。日々入店する訳では無いが煙草はセイコーマートで購入。弁当だけが美味いだけでは無い。何故かドトールコーヒーが売ってたりする。

最近は一日一杯珈琲を飲む。やっと大人になれた気分。伊達には大好きな銘柄のウーロン茶が売ってないのが理由なのだが。話を戻すがセイコーマートのスイーツ系が安くて美味い。買いたいが我慢して眺めている事が多いが。そして暫く悩んでしまったのがコレだ。

店員さんに聞いてしまった私。可愛い。真剣に買うか悩んでしまった。しかし理性が働き購入を断念。孫にプレゼントなんて言って買えばよかったか。勿論、私に孫はいない。セイコーマートはお気に入りの商店なのだ。近くに有れば生きていけると確信した私なのだ。