クルマのパーツは買えて当たり前では無い。

コレはセカンドレンジローギーのキーである。裏にはバッテリー交換のためのフタがある。このフタが経年劣化でこうなって、開けたくても回せなくなり凹みが破損してしまう。正直なんとかしたい。このフタが年数と共に劣化するのは解っている。であれば材質を変えて丈夫なケースにするとか。型代が高いのは承知している。しかし現在日本に登録されているセカンドとオーナー待ちのセカンドを合わせると、ディフェンダー登録台数よりはるかに多いはず。十分需要が有ると私は考える。最近ドアロックの反応が悪くバッテリー交換時期だと解っているが、怖くて開けられない。以前凹みが破損してお手上げ状態になったのだ。クルマを維持して乗り続けるためには、こんな些細な事も考える必要があると言う一例である。

前の記事

ツインランド=うさぎ。