ランドローバーはコレクターアイテムでは無い。

おはようございます。旭モータースを訪問し旭モータースらしい作業を観ないと安心出来ない私。英国から遠く離れた極東の日本。ランドローバー社がこの絵を観たら喜ぶだろう。旭モータースはランドローバーディーラーでは無い。ランドローバー専門店。しかしディーラー以上の重整備を日々行なっている。そして旧ディフェンダーに特化しているのだ。

世界中の国の街の整備工場でランドローバーは整備を行っている。ランドローバーは決してコレクターアイテムでは無い。日々使うクルマなのだ。

パーツさえ入手可能で有ればクルマは永遠に使える。化石燃料の時代が終焉を迎えると世間は言うが、果たして計画通りに事が進むだろうか。私は最近疑問に思う。でもウクライナ問題で自国でエネルギーを捻出し無ければと各国が考える。日本はどうするのか。原子力発電の方向にシフトするのか。各自で太陽光発電と言うが簡単な話では無い。都会と田舎では移動手段が全く違う。田舎を捨てて都会で暮らそうとも言え無いし。そんな事を考えながら国立駅から甲府駅まで各駅停車で移動した。ゴールデンウィークだと言うのにガラガラだ。高速道路は大渋滞とニュースが伝える。移動手段の選択も肝だと改めて考えた。適材適所の判断次第で生き方も大きく変わるのだ。でも田舎はクルマ移動しか手段は無い。難しい問題ですね。

前の記事

東京は刺激的だ。