手塗り塗装4。

おはようございます。突然の雨に慌てます。何処に避難するか。物置はモノで溢れているし。玄関しか避難場所は有りません。ガレージが欲しいと真剣に考えます。

北海道は寒いので二重玄関が多い。実家は築40年位なので変則な二重玄関。今だとこのスペースに入る為の扉が有れば立派な二重玄関。しかし扉が無いのでボンネットが収まった。必死に濡れた箇所を塗る岡田くん。数分で雨が止んだので一安心。

日が沈みそうな時間にボンネットを装着します。見方を変えればサビ止め塗装と言われるか。いやいやメイン塗装ですから。ルーフは岡田くんが私に知らせる事なく黒に塗装。ボンネットの塗料とは違い、ホームセンターで購入した塗料。クルマを眺めて何か物足りない。残りを塗るかと二人は暗黙の了解となる。しかし日曜日だけで間に合うか。いやいや時間的に無理だろう。でも突き進むと決めました。

翌日は8時過ぎには岡田くんの気配がします。ヤル気モード全開の岡田くんなのです。外せるパーツは外します。天気は大丈夫かと心配です。

塗る必要が有るパーツが数点有るのです。結果として暗くなる寸前まで、私がコレらのパーツを必死で4回重ね塗りをしました。曲線が多いのでローラーが使えません。ローラーも何種類も必要だと理解しました。結果として刷毛塗り。毛が貼り付いて苦労します。毛が抜けない高級刷毛が有るのか。ローラーも幅1センチとか5ミリが有るのか。使って始めて理解すると納得する私でした。まだ終わりません。明日に続きます。ちょっと話が長いな。

前の記事

手塗り塗装3。

次の記事

手塗り塗装最終回。