人間の経年劣化。

おはようございます。5年位前に行き付けの床屋の旦那から、顔の染みは取れるから皮膚科を勧められた。その時は注射を打ち一週間位で確かに消えた。また顔に染みが出たが、経年劣化だから仕方が無いと考えた。東京に戻り皮膚科に行くかと決めた。染みは有るよりは無い方がいい。ネットで調べると近くに皮膚科は有った。

正式名称は大袈裟だ。要は皮膚の劣化で有る。長年取材で紫外線の下で行動していたし。そりゃ皮膚も劣化します。治療は注射じゃ無かった。医療技術も進化しますしね。

いきなり冷たい窒素を吹きかけられる。頭と顔の二箇所をお願いした。一週間置きに10回の窒素吹きかけで消えるとか。東京と北海道の行き来で連続10回は不可能だ。折角覚悟を決めて病院に行ったのに。残り3回は行ける。果たして染みは消えるのか。因みにアゴに小さなイボが有り髭剃りで困る。医者に聞いたら手術で切除。このままでいいと答えた。人間の経年劣化はクルマの様にはなりませんね。

次の記事

Rab愛を再点火。