嫁には気配りを忘れません。

おはようございます。バブアーのリム交換は終わった。しかしジャケットが汚れている。そうだ折角リムも綺麗になったのだからクリーニングだな。完璧な状態で嫁に戻すとするか。嫁だからこそ気配りが必要なのです。確か今月で結婚40周年。私を捨てずに40年は偉いの一言。普通は切り捨てます私のような男は。家庭的な事は一切しなかった。父親らしい事は一切しなかった。運動会は各自一回しか行って無い。学級訪問的な事は一度も無い。興味の無い事には見向きもしない。困った人間なのです私は。

伊達で一番信頼出来ると勝手に思い込んでいる伊達クリーニング。ちょっと電飾が田舎では浮いています。外観を撮っている私を観ている通行人の爺さんが横に居ます。何で写真を撮るか理解出来ないのでしょう。ジャケット2枚をお願いして1800円。安いのか高いのか解らないが、頭から離れ無いリム交換で2,100円。2,100円を基準に考えると高い。暫くは2,100円を基準に何でも考えてしまうな。でも衝撃の金額だった事には間違いない。あの岡田くんが修復したリムを観せてと言いました。彼も衝撃を受けたのでしょう2,100円が。暫く嫁にジャケットを借りて皆んなに閲覧するかな。

 

前の記事

春菊が好物だ。