リアルに生きたい。

おはようございます。昨夜はアイスホッケー。いつもと違うルートにチャレンジ。普段は国道36号線で苫小牧を目指す。でも昨日は連休中なので道路が混んでいると予想。ルートは千歳飛行場に行く時に使う山道。途中に右折表示で白老方面と有る。白老とはウポポイで全国区になりつつ有る田舎だ。予想通りザ北海道という感じの道だった。平均時速は書かない。クルマが居ないのだ。高低差も激しい。夜は野生動物と激突しそうで走行したくない。レーシングカーのテストコースに最適と考えた。そこを軽自動車で安全運転。いつものルートより遠回りなのに1時間30分で到着。行き専用ルートに認定だ。帰りは国道36号で1時間15分。これだと道民は高速道路は絶対に使わないな。

今年度からコーチが変わった。基礎練習が好きなようだ。勿論、私より若い。63歳が基礎練習に取り組むとどうなるか。ゲロが出そうになる。身体のダメージが大きい。今更の技術向上に意味が有るのか。滝のような汗が流れる。63歳が筋肉痛で歩行が変になる。23時過ぎに腹が減ってカツ丼を食べる。もしかして身体に悪いスポーツなのか。でも止められないアイスホッケーなのだ。起床7時過ぎ。歩くタイミングを逃した。風呂に入りたいな。

前の記事

訂正します。

次の記事

北海道は島なのです。