専門店は需要と供給のバランスが大切です。

おはようございます。ただただ暑い。蒸し風呂状態の中部取材で有りました。今回は一泊2日。読者のクルマを撮影依頼し日曜日に撮影。旭モータース&サンカーズで数多くのランドローバーを撮影。充実の二日間でありました。宿泊ホテルには銭湯が有りますが、危険を察知して入れません。あれ程に壮瞥町の日帰り温泉に通っているのに。何か状況の違いを感じ、部屋のユニットバスに浸かります。もう壮瞥町の風呂が懐かしい。困ったオヤジなので有ります。

旭モータースで目に留まったクラシックのバンパー。オリジナルでは無いがいいな。コレは使えるな。全塗装後はコレにするかな。なんて妄想が膨らみます。アクセサリーは嗜好品なので自由な発想もアリです。

この様な縦グリルが有るのですね。縦グリルは年式が合わ無いと、怖くて不安で付けれません。指摘されるのが怖いのです。クラシックで疑問に考えている事を質問。洞爺湖工場で試そうと思案中です。洞爺湖工場はランドローバーの経験値が少ないので、色々なトライが必要となります。私の持っている情報は伝えます。相変わらず旭モータースの需要と供給のバランスはいいですね。

 

前の記事

映画は実話も面白い。

次の記事

価値観は変えれない。