鳴る前に交換します。

おはようございます。ベルト4本を交換します。ベルトの音が鳴ったら交換が一般的。免許を取得して40年以上経ちますが、実はベルト鳴きを聞いた事が有りません。そろそろ交換と言われいつも交換。一度は聞きたい。でも人のクルマの鳴きは何度も聞いてます。でもベルトが切れて大騒ぎするより早期交換で安心を入手。これが正しい選択です。

ベルト交換の撮影時に思うのは、あの隙間に出を入れるのは大変だな。私の太い腕は入らない。

ベルトがこんな感じになったら交換。でもベルトの内側なので外さないと解りません。

コレもダメですね。正しく劣化してますね。

整備はいいですね。旧車が元気になるのは嬉しい。

新品ベルトの写真を撮っても絵にならないな。でもランドローバー専門店では無い洞爺湖工場ですが、丁寧な仕事をしてくれて感謝感激。過去に数多く旧ランドローバーの整備を取材してきました。信頼出来る工場は実は限られます。専用テスターは有りませんが、テスター診断をしなくてもいい整備では有れば、洞爺湖工場はお勧めです。でも洞爺湖なので誰もが来れる場所では無いか。信頼出来る主治医を見付ける。これが旧ランドローバーの最善の維持方法。貴方のお住まいの地域にも信頼出来る工場は必ず有る。限られたランドローバー専門店。諦めずに旧ランドローバーを買う前に、主治医探しからスタートするのは如何ですか。パーツ入手さえ可能なら主治医は適切な治療をしてくれます。旧ランドローバーのパーツ入手は、車種によりますがほぼ可能ですから。諦めずに乗ろう旧ランドローバーを。使えるクルマは乗り続けましょう。

前の記事

タイヤで懐かしむ。