結果としてタイヤのパンクだった。

Pocket

おはようございます。一ヶ月間クルマを動かさなかったらタイヤのエアーが抜けた。漫画のような出来事であります。洞爺湖の工場に行く途中、湖畔の凍結している道路で問題のタイヤが滑った。工場で空気圧を計ったら異常にエアー減っていました。

まずはバルブ漏れなのかチェックします。

タイヤを外し色々とチェックするがバルブでは無いと判断。水を浴びせながらパンクの箇所を探しだします。寒いのにスイマセンね。

発見しました。予想に反してパンクでした。何処でどうなったのか記憶がありません。

補修剤を詰め込みます。日本の道路事情は良くなった。タイヤも進化した。でも所詮はタイヤはゴムなのでパンクは起こってしまう。私がガソリンスタンド等に持ち込んだら、このような状況になったでしょうか。普段から主治医を決めておく。私の場合は東京と北海道を行き来しているので状況は変わります。人間も主治医が有れば体調管理がスムーズです。クルマの管理も同じなのです。信頼出来る工場が有ってこそ楽しいランドローバーライフが有るのです。

北海道の皆さん洞爺湖の志賀商会をお勧めします。たいして大金を使っていない私ですが、親身になってクラシックの面倒を観てくれます。本当に感謝感激。台車もありますので何か困った事が有ったら相談してください。出来る事は出来る。出来ない事は出来ない。正直な洞爺湖の整備工場ですから。

コメントは停止中です。