恐怖のホワイトアウト。

Pocket

おはようございます。昨日は予約していた散髪の日。北海道は最近天気が落ち着かない。悪天候が続いてます。ニセコのスキー場は11月24日頃がスキー場オープン予定だった。しかし雪が少なくてまだオープン出来ないとか。天気予報を確認すると真狩村は荒れた天気だ。でも行くしか有りません。伊達は曇りで積雪は5cm。ルートは壮瞥町から洞爺湖を経由して留寿都方面に向かいます。壮瞥町に入ると積雪が15cm位。洞爺湖に入ると積雪が20cm位。どんどん天気が激変します。

これが恐怖のホワイトアウト。道路の端が解りません。視界は前方50m位。何処を走ればいいか真っ白で解りません。前のめりの初心者ポジションとなります。

アップダウンでクネクネ道。道路が凍結しているのでスタッドレスタイヤでも滑ります。なんでこんな日に散髪なんだ。ベテランドライバーの私は最寄の広場に入りローレンジを使います。約60km走行までは可能かな。それほどの恐怖なのです。滑って見えなくて発狂寸前。ローレンジを使うと走りが安定します。ローレンジありがとう。

真狩村ライフに到着です。

ライフの300Tdiはバッテリー上がりは起こるはワイパーは壊れるは。氷点下が続いて寒過ぎるのです。こんな生活が5ヶ月続きます。ホワイトアウトは何回起こるのと聞くと数回と嘘を言う。本当はと聞くとそれなりだとか。6月から9月までは天国(行った事は有りませんが)のような季節の真狩村。猛暑なんて関係無い。花は咲き羊蹄山は美しいし。だが厳しい冬が有る。真狩村は大好きだけど冬は無理だ。昨日のお願い事のデュアルは目処が立ちました。伊達からハンター長靴は宅急便で送ったし。渡部&高橋組を応援して来ます。時間の有る方はブロンコに応援に来ませんか。デュアルは観ても面白い。長靴は忘れずに。

 

コメントは停止中です。