モノ選びは現物を見ないと解らない。

Pocket

おはようございます。昨日は大荒れの東京でありました。夜明けと共に起床しテレビの電源を入れてもテレビが映らない。台風の影響で配線が切れたか。と諦めて考えます。ふと考え光ケーブルの電源を確認すると切れてます。嫁は何でも就寝時に電源を切る。電源をONにすると無事にテレビが映ります。災害時のテレビは大切な情報源。色々と台風の影響が。被災された方々の無事を願います。天候が大きく変わる昨今。自分の身は自分で守る。そう考えなければいけないなと改めて考えさせられました。北海道の岡田くんに連絡し自宅に顔出しをお願い。年寄りはこんな時に不安になってしまいます。本当に頼りになる岡田くんなのであります。さて話は変わりリュック好きの私が現物を確認したかったリュックがあります。


NIGORのリュックです。テントで使う生地で製造。軽くて多少の雨なら問題無し。完全防水では無いのは理解しております。リュックは軽くて丈夫がポイントです。


このモデルはL&Mで販売。今回紹介するのはMサイズ。実際に持ってみると軽い。想像通りです。普段使いにはいいサイズだな。


何でもそうですが実際に荷物を入れて歩いてみなければ解りません。見た目の判断は大間違い。クルマだって試乗しなければ何も解りません。このリュック各部の作りは問題ないな。


安物は製法を見れば解ります。コレはきめ細かく仕上がっている。生地の触感はテントだ。重たいカメラ機材とPCを収納して長時間歩けるか。これは試さなければ解りません。結果として何事も購入後に答えが解る。難しい問題です。お試しでリュックが破損したら大変だ。でも山屋さんは大量の荷物を入れて使っているし。でも気になるリュックは私としては合格点とします。人と違うモノを使う事が生き甲斐な私。想像が膨らむリュックで有りました。

コメントは停止中です。