ディスカバリー1&2を乗りこなせ。

Pocket

おはようございます。連休なのですね。曜日の感覚はまだあるのですが祝日が入ると混乱します。そうか世間は三連休だったのか。撮影した商品を段ボールで送り返そうと思っていると、郵便局で送れる大きさの制限が有ることに気付く。習慣で郵便局しか使わ無いのだ。しかし衣料品は各社大きな段ボールで送ってくる。送ってきたのは郵便局では無くてヤマトとか佐川だった。変な事で納得している私なのだ。さてたまにはディスカバリーネタでも書こうかな。


先日のブログで飯島くんの自宅敷地で集合写真を撮った。そこから数台近くの公園に運び部分カット撮影。久しぶりにじっくりとディスカバリーをファインダー越しに見つめる。外観はディスカバリー1に魅かれる。綺麗なボディライン。無駄が無いな。


コレがディスカバリー1。


こちらがディスカバリー2。そうか私の好きなのはディスカバリー0か。ディスカバリー1の前期タイプなんだ。超シンプルな内装だったな。ディスカバリー0の腰下はクラシック。腰上がディスカバリー。そう考えると私はクラシック好きなのか。でもディスカバリー1でも2でもまだまだ現役で普通に使えます。ちょっと車高を上げてタイヤはMTに。オフ車風にすれば気分も高揚。シートもレカロに変更すれば戦闘気分になりますし。まだまだ現役で使えるディスカバリー1&2です。ランドローバーの車体がどんどん巨大化している昨今。ちょうどいい大きさだなと考える。旧車と言われてもたかだか90年代。整備を行えば全く問題無い。V8だろうがディーゼルだろうが関係無い。我が道を突き進む姿が価値観だと私は考えます。

コメントは停止中です。