人それぞれの至極な時間とは。

Pocket

おはようございます。私は釣りをしているのか川を眺めているのか。要は無心になっているのだろう。そして思い付いたようにロッドを振る。こんな時間を意図的に作るのは必要だと考える。釣れれば嬉しい。しかし釣れなくても構わない。


渋滞も距離も無く自宅からちょっと走ればこんなロケーションだらけ。大自然の中に身を置くことが可能なのだ。


冷たい川の中に長靴を入れる。徐々に足が冷えてくる。このハンターブーツとも20年の付き合いになる。品名はソブリン。ジャガーにもソブリンって有ったな。なんて考えながら一服する。至極な時間が過ぎていく。これが幸せって言うのです。解るかな。

コメントは停止中です。