気力と体力と経済力が必要なランドローバー。

Pocket

おはようございます。なかなか外気温度が上がら無い伊達なのです。道内の他の地域では18度だ20度だとニュースが伝えています。しかし道南の海沿いは13度前後。風も吹くので正直肌寒い。仕事部屋の窓を開けると潮の匂いが致します。昔から部屋に空気が流れ込ま無いと息苦しい。寒くても窓を開ける習慣が変わりません。

1950年式シリーズ1。ランドローバー社のリボーンでは有りません。

2000ccキャブ車となります。専門店が行ったレストアです。気になるのは背景ですね。何処の国でも旧車に関心が注がれてます。特にランドローバーは英国ではシリーズ物が大人気。日本人と英国人では物の価値観が微妙に違います。

距離も少なくコンディションも良さそうです。

この手を維持管理するには気力と体力が必要となります。私も40代でシリーズ3を所有。今となっては気力と体力と経済力が無いので諦めます。勿論このクルマは売り物です。興味のある方はクリーブランドに連絡してください。ランドローバー好きなら人生一度はシリーズ物も悪くは無いな。いい悪いはオーナーにならなければ解りません。

コメントは停止中です。