ランドローバー繋がりは私の財産だ。

Pocket

10日は斎藤さんが仕事終わりに室蘭から伊達まで私を運んでくれた。私は空港から室蘭までバス移動。実はこれが便利なんです。実家で久しぶりの話で盛り上がる。昨日は印刷屋さんがラフデザイン&写真データ受け取りに伊達まで来てくれ話で盛り上がる。夕方には岡田くんから連絡が入り、お袋と私を壮瞥の温泉まで連れて行ってくれた。その後は三人でテレビを観ながら晩飯。なんて幸せな私なのだろう。クルマが無い私なのだが楽しいのだ。


公共交通機関で壮瞥の温泉に行くのは超困難。しかし大好きなお風呂に入り大満足なのだ。壮瞥の帰りにディスコ3とすれ違う。ココは人口3万人ちょっとの田舎町。私の知る限りランドローバーは5台は生息している。普通は考えられないランドローバーの台数なのだ。私は昼間足元に注意しながら歩いてセイコーマートに菓子パンを買いに行く。寒い寒いと思いながら歩く私。何が正しいのか解らなくなっている。歩くことが正しいのか。北海道にもクルマを所有すべきなのか。でも頼れる仲間が居る事は事実なのである。ランドローバーに関わって良かったな。私の友はランドローバーオーナーばかりなのだから。

コメントは停止中です。