英国アウトドアブランドの救世主なのか。

Pocket

普段人と接することが少ない私が、突然人混みの中に積極的に飛び込むとどうなるか。免疫が無いのか色々な菌を浴びてしまう。鼻が詰まって息苦しい。満員電車は避けたいが仕方なく乗車。アウトドアブランドの発表会に行く。病人が多い病院は避けたいが、広尾病院からの紹介状を持って個人病院へ。総合病院の方向転換。私のような定期検診は個人病院に行きなさい。国立市の眼科と内科を訪ねて再スタート。やっと面倒なシステムを終わらせた。これで死ぬまで面倒を見てもらうか。数年前にバーグハウスを紹介し英国アウトドアブランドを多少は認知してもらったか。その後は日本の販売路線の変更等があり私のテンションが低下。私が気になる英国アウトドアブランドとの出会いが無く月日は流れた。私の判断は自分が着るか着ないか。無理に着たくも無いブランドは着ない。突然のメール連絡。英国大使館の紹介かと考えた。個人のアドレスで受信。11月初旬の出来事であった。確認すると元バーグハウススタッフ。私の名刺を発見し連絡をしたとか。色々なプレス発表会は面倒なので積極的には行かない。義理と人情が薄いのです。しかし運命と縁は信じます。長らくお待たせ致しました。私が買って着たい使いたい。本気です。パーグハウスを着続けましたが衣替え。突然全ては不可能なので徐々に変身致します。


英国好き。ランドローバー好きなら相思相愛になれる。選ばれた本物志向の人しか解らない。テントも寝袋も有ります。勿論、普段着から8000メートルの山にも対応する服装も問題無し。クオリティが超高い。久しぶり衝撃の出会い。私が衣替えをしようかと考えるブランドRab。二日連続ブログで紹介致します。15日はキャンプ場にRabを持ち込み撮影。次号043号で商品紹介を考えております。英国アウトドアブランドの救世主なのか。15日は早川に商品を持ち込みますので現物に触れてください。

 

コメントは停止中です。