新車デッドストックは常套句の場合もある。

Pocket

練習試合で真剣に走り回ったら気持ち悪くなった。原因は完全に煙草である。しかし練習後の一服は美味い。私は何を目指しているのか。頭が混乱する。還暦過ぎのオヤジの限界は有る。しかしレベルアップはまだまだ可能だ。若者達いや上手い人を超えたい。アイスホッケーの基本はスケーティング。速く一歩を踏み出す。そして加速。そのためには筋力が必要となる。巧みに交わす横の動き。こんな事を毎日考えている困ったオヤジなのだ。読者にとってはどうでもいい話。ランドローバーの話を求めているのは理解している。しかし私がストレス無く元気に生きるにはアイスホッケーが必要不可欠。ご理解願いたい。出ましたこれが最後の新車。この論法で数年新車を売った専門店が有る。悪い話では無い。新車が買えるのだから消費者は感謝すべき。


イギリスでも高額な仕様のディフェンダーは簡単には売れない。ベーシックなモデルから売れるのが現実。売れると見込んで買い込んだ高額車が残っているのだ。イギリスは日本と同じ右ハンドル国。販売店の我慢の限界が超えると、まだ新車情報は出ると読んでいる。右ハンドルの新車はまだ数多く販売店には有る。仕様に拘りが無ければまだ新車が買えるかな。ただし金額は言い値なのは理解しよう。生産終了したディフェンダーですが、ある場所には有るというお話でした。

コメントは停止中です。