雪秩父に雪発見。

Pocket

理由は解らないが伊達に来て朝は4時過ぎに目が覚める。朝飯までが長くて。ちょっと小腹が空くくらいなのだ。食材の買い出しはリュックを背負って行く。近くのスーパーまでは近くは無い。これは年寄りには辛いな。特にこれから冬。寒くて足元は滑るし大変だ。自宅の近くにも老人は数多く住んでいる。皆さんどう対処しているのか。老人はネットで物は買えないし。都会のように生協のトラックが運んでいるようにも見えないし。近くにコンビニが有れば済ますのか。でもコンビニだって田舎は幹線道路に面しているので近くは無い。老人だって広いスーバーで自由に物選びをしたいだろうし。田舎にとって老人にとってクルマは生きていく大切な道具。免許返納も理解出来るが、返納後の足の確保を考えないと人間は生きていけない。そしてクルマが無い老人の対処方法を考えるのも行政の仕事だと思うのだが。伊達市役所さん周回バスを走らせてはどうですか。定年後は伊達に住もうもいいけれど、クルマが運転出来ない老人には辛い日々ですよ。こんな事では便利な都会に移り住むのも解ります。さて釣り企画の番外編の写真を紹介する。斎藤さんがスマホで私を撮ってくれました。


6時間も堤防に居たので斎藤さんに釣竿を借りてゲット。疑似餌に魚が食い付き食べる振動を体で感じる訓練を体感。まっこれも面白いな。しかし堤防だと撮影箇所が限定。やはり川がいいな。でも043号は1月発行だから無理か。まだ042号制作中なのに余計な心配だ。


自分の意思では当分行けないと悲しんでいた雪秩父。斎藤さんが連れて来てくれました。やはり個人的にナンバーワンの温泉だと再認識。


そして何と雪秩父の駐車場に雪が。受付のおばちゃんに聞くと数日前に積もったとか。11月初旬ですよ。さすがニセコの山です。標高が有ると寒いのです。因みに毎年11月下旬にはニセコのスキー場がオープン。北海道は冬に突入します。

 

コメントは停止中です。