旧作映画に心踊る。

Pocket

映画好きの私なのだが最近は意図的に旧作を鑑賞している。10年前20年前の印象と、今観ることでの感情の違いを客観的に感じてみたいと思ったからだ。最新映画は数多く排出される。それを観ることも必要だ。しかし人間は年齢と共に考え方も微妙に変化する。レンタルショップで借りると1本100円。100円で楽しめるとは有難い話ではないか。


数多く有る高倉健の作品でも一番好きな作品である。いつもレンタルで済まして観ている。年に1回観るほど好きだ。そろそろ買うかな。舞台はパリダカである。別にモータースポーツだから好きな訳では無い。人間模様が好きなのだ。東京に戻るとテレビは観無い。まっ観れ無い環境と言うのが正しいか。映画と本漬けと歩きで私はリフレッシュされる。そして喫煙本数も激減。しかし急激に寒くなりましたね。皆さん体調管理をお忘れ無く。

 

 

コメントは停止中です。