北海道の朝晩は冷えてます。

Pocket

北海道は秋が訪れようとしている。地震被災地の朝の気温が5度とニュースが伝えた。伊達も朝は寒くタオルケットと毛布だと寒い。朝晩は半袖では無理な状況なのだ。10月になると完全に秋モードとなる。11月に入るとタイヤ交換。12月に入ると積雪が始まる。被災地では避難所で暮らす方が大勢居る。これからは寒さとの戦いが始まる。節電はテレビ各局が呼び掛ける。状況的にはひっ迫しているようだ。相変わらず物流は通常モードに戻っていない。暖房器具を使う前に節電を終わらせないと大変な状況となる。


スーパーはこの状態の棚が数多い。この状態がいつまで続くのか。普通の生活とはどれほど素晴らしことなのか。改めて理解することが出来た。氷が買えた。ホッピー飲みとしては氷は必要アイテム。冷蔵庫で作る氷はちょっと寂しい。現在は原稿書き真っ最中。印刷屋さんのシステムも停電の影響でバタバタ。なんとか予定通り納品が可能と連絡が。そうそう苫小牧のスケートリンクが停電で氷が溶けました。メンテナンス大変そうです。14日夜は試合。原稿を書き上げ夜は試合で弾けます。

コメントは停止中です。