旧車を乗り続ける格好良さ。

おはようございます。ブログアップが遅れた。原因は爆睡。一度もトイレに行かず10時間寝た。私にとってはある意味事件なのだ。まだ10時間寝れる体力が有った。暑いとは言いたくないが暑い。昨日も三脚の重さを感じながら代々木上原まで。人間は困った生き物で暑いと涼しくなれと思う。寒いと暖かくなれと思ってしまう。北海道生まれの私は暑いのが苦手なのだ。早く東京から逃げたいがまだ取材が二本残っているのだ。さてと何を書くか。旭モータースのクラシックが進行してました。いい仕事してましたよ。


あれから二ヶ月経ったか。手間の掛かる仕事です。でもこのように修復されるのです。


ディフェンダーが数多く入庫する旭モータースですが、クラシックに出会うと気になってしまうのです。理由はクラシックが大好きだから。


ゴールが見えてきましたね。これで20年は安心か。本当に錆びは手強いです。


あの錆び錆びだったフロアーがこのようになっています。私の頭の中は我がクラシックの錆びが心配。海からの潮風と冬のエンカリです。ガレージ建設予定なのですが、お袋がお友達と庭での家庭菜園。なかなか言えません。楽しそうなので。動けなくなったら着工か。しかしその前に錆びたら大変です。いや既に錆び始めているな。130斎藤号の錆びを発見し他人事ではありません。ガレージ保管でも気を使うのに、目の前が海で北海道ですから最悪です。北海道に戻ったら洗車だな。今回の作業で必要なパーツは100%揃ったと聞き安心する私なのでした。