四季を感じる暮らしとは。

おはようございます。真狩村を通り過ぎると至る所に花の造形物が有る。当初はなんだろうと考えたが、村のアイキャッチが百合の花なのだ。百合根が村の特産物なので、バカな私は百合根と百合の花で頭が混乱。最近、真狩村に行くと道路の脇に花が咲いている。これは意図的に植えられているな。美し過ぎてクルマを停める。


雪景色が半年。ホワイトアウトも度々襲う。しかしこのような景色も有る。天気の良いは目の前に羊蹄山が観える。平均的な天候が365日有るよりも、6月から10月までの群を抜く自然の贈り物。この景色を観たら誰でも感動する。四季を感じる暮らし。寒い。暑い。生き物が芽吹く。紅葉。年間を通して真狩村に通い村民の暮らしを垣間見る私なのだ。今日は散髪に真狩村に行ってきます。