047号の釣り企画では魚を撮ります。

おはようございます。斎藤さんが休みで天気が良い日を狙って次号の釣り企画を決行。予定日はあの台風が通過した翌日。川の水量が気になったが天気に我慢出来ません。毎回場所は斎藤さん任せ。今回はどうやら北湯沢方面らしい。着いた場所は危険地帯。熊さんが大勢居るだろうと誰もが考えます。どうして釣り人は危険を回避しないのか。危険より魚なのだ。


気配を感じながら130の記念写真。そうです滞在中の130姫野さんも同行です。


そして岡田くんも同行しました。ちょっと変わった組み合わせのメンバーとなりました。私はカメラを担いで原生林に突入します。今日の使命は釣りより撮影です。釣り企画のページデザインしか頭に有りません。頼むから魚の絵をください。三人居れば誰か釣れるか。いやいや釣りはそんなに簡単では有りません。徐々に釣りの関心が高まっている私なのです。なかでも渓流釣りが一番興味が持てる。しかしリリースは理解出来無い。釣られた魚は弱ります。釣ったら食べるのが人間の責任。疑似餌でも本物の餌でも釣り上げたら食べる。間違っているのかな。食べ無いなら釣らない。魚にダメージが残ると思うのだが。今度、斎藤さんに聞いてみよう。和竿がいいな私は。