商品紹介は実際に使って本音が言える。

おはようございます。あの快晴はどうしたと言いたい位に毎日天気が悪い。週間天気予報を観ても晴れが無い。一年間を通して住んだのは高校三年生まで。全くその時の記憶は無い。有るわけが無いのだ。湿気が多いと気持ちまで重くなる。これじゃ関東の梅雨と同じだ。ただ救いは気温が高く無い。まだ布団を掛けて寝てますから。あの羊蹄山山頂が観える快晴はいつ戻るのか。


Rabの打ち合わせで見掛けたソックス。最近は夏になるとソックスは短くなる。安い商品だと靴を脱ぐ時に一緒にソックスも脱げる。あれが我慢出来無い。耐えろと叫ぶ私。実際に履か無いと具合は解らない。気になり触りまくる。こんな展示は観たことが無いのでね。


クライミング用のソックスだとか。普段履きに使っても問題無い。当たり前の話。本来は私が使って感想を述べる。詰めが甘い私なのだ。使用感が全く解ら無い。こんな商品が有る。という紹介の話でした。反省だ。これでは商品説明にならないな。