ピザと言えば聖林館。

おはようございます。前回の東京滞在中は毎日何処かに出掛けた。久しぶりに美味しいピザが食べたくなり中目黒に。そうです。知る人ぞ知る名店の聖林館。無休でピザ釜の火を消す事無く営業。オーナーの考え方は修行僧なのだ。このピザを食すれば大満足で幸せになれます。特別ピザ好きでは無いが年に数回は食べたくなる。どうせ食べるなら美味しいピザを召し上がれ。


ピザの種類は二種類だけ。完全にピザでの勝負なのです。販売する枚数まで決まっています。売り切れ御免の正しいスタイル。


個性的な焼き釜が特徴です。誰もが座れないカンター。そこに居座りひたすら焼きを観察。一連のリズムが心地よい。後から考えたのだが釜から煙が出ますよね。中目黒の地で煙が天空に消えていくのか。それとも煙が出ないシステムになっているのか。素朴な疑問なのだが気になる私。これは次回に聞くとしよう。その後は中目黒駅からバスに乗り大井町駅行きのバスに乗車。途中の青物横丁駅で降り王様へ。お願いしたテイクアウトを受け取る。この流れは止められないな。東京のスペシャルコースになりそうだ。